loading...

電通、カナダの独立系大手スポーツマーケティング会社「S&Eスポンサーシップ・グループ社」の株式100%取得で合意

    2016/12/02

    電通、カナダの独立系大手スポーツマーケティング会社「S&Eスポンサーシップ・グループ社」の株式100%取得で合意

    12月02日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2016年12月02日

    電通、カナダの独立系大手スポーツマーケティング会社「S&Eスポンサーシップ・グループ社」の株式100%取得で合意

     

    株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、カナダの独立系大手スポーツマーケティング会社「S&E Sponsorship Group Inc.」(本社:トロント市、President & CEO:Brian Cooper、以下「S&Eスポンサーシップ・グループ社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

    業界30年のキャリアを誇るBrian Cooper氏により2010年に設立されたS&Eスポンサーシップ・グループ社は、顧客企業に対してスポーツやエンターテインメントを活用した企業ブランディングやマーケティング戦略の策定、コンサルティング業務、生活者との接点を実際につくるブランドアクティベーション、効果測定までの包括的なサービスを30名のスタッフで提供しています。

    株式取得後、当社はS&Eスポンサーシップ・グループ社を当社グループの10のグローバルネットワーク・ブランド※の1つでライフスタイル・マーケティングを標榜するMKTGのカナダ拠点とし、社名を「MKTG Canada」に改称します。

    当社は2014年8月にMKTGを買収し、当時は340名のスタッフが主に米国で活動していましたが、現在では世界20カ国に1,400名以上のスタッフを有するブランド企業へと成長しています。

    今後当社グループは、その強みであるスポーツマーケティングやエンターテインメントビジネスを北米地域でもさらに多角的に展開していくことで、成長戦略を加速させていきます。

    なお、本件が当社の2016年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。

    ※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Brand Agencies)、Dentsu media、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

     

    【S&Eスポンサーシップ・グループ社の概要】
    社名:S&E Sponsorship Group Inc.
    本社所在地:カナダ・トロント市
    設立:2010年3月
    株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
    収益(Revenue):420万カナダドル(約3.6億円)(2015年12月期)
    代表者:Brian Cooper (President & CEO)
    従業員数:30名
    事業内容:スポーツ/エンターテインメント・マーケティング領域全般のサービスを提供

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/1202-009090.html