loading...

電通とISID、高精細4Kデジタルサイネージの実証実験「4K@SHIBUYA」を実施 ― B.LEAGUEサンロッカーズ渋谷 リーグ戦も4K映像でライブ配信 ―

    2017/02/20

    電通とISID、高精細4Kデジタルサイネージの実証実験「4K@SHIBUYA」を実施
    ― B.LEAGUEサンロッカーズ渋谷 リーグ戦も4K映像でライブ配信 ―

    02月20日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2017年02月20日

    電通とISID、高精細4Kデジタルサイネージの実証実験「4K@SHIBUYA」を実施 ― B.LEAGUEサンロッカーズ渋谷 リーグ戦も4K映像でライブ配信 ―

     

    株式会社電通(本社:東京都港区、社長執行役員:山本 敏博、以下「電通」)と株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、社長:釜井 節生、以下「ISID」)は、平成28年度総務省実証事業「高度な映像配信サービス実現に向けた調査研究の請負」の一環として映像配信高度化機構の協力のもと、再開発や観光インバウンドで注目される渋谷において 2月24日から26日までの3日間、高精細4Kデジタルサイネージの実証実験「4K@SHIBUYA」を実施します。

    上映コンテンツは、観光スポット・イベント・商店など魅力あふれる渋谷ならではの映像と、25・26日には渋谷区をホームタウンとするプロバスケットボールB.LEAGUE の「サンロッカーズ渋谷」のリーグ戦を青山学院記念館から4K映像でライブ配信します。

    2020年には国内フラットパネルテレビ市場において4K(対応)化率が70.5% まで拡大するとの予測(2016年2月、一般社団法人電子情報技術産業協会〈JEITA〉発表)もあり、それに伴い公共スペースなどのパブリックディスプレイも急速に高精細化が進むと考えられます。本実験は、高度映像技術の採用に伴う大容量配信の技術・インフラの要件、高精細映像におけるコンテンツのあり方、動画広告のあり方について検証することを目的としています。

    <実証実験の概要>

    ・実施期間:2017 年 2 月 24 日(金)~ 2 月 26 日(日)
    ・設置場所:渋谷マークシティ 1Fイベントスペース・4F COIN SPACE by 渋谷区観光協会
    ※B.LEAGUE「サンロッカーズ渋谷」対「京都ハンナリーズ」
    2016-17 B1リーグ戦 は2月25日は 18:00~試合終了まで、2月26日は14:00~試合終了まで。該当時間COIN SPACE by 渋谷区観光協会は、パブリックビューイングスペースとして開放。
    ・実験名称:「4K@SHIBUYA」(高精細デジタルサイネージ配信実験)
    ・コンテンツ提供事業者:B.LEAGUE、サンロッカーズ渋谷、株式会社NHKエンタープライズ、渋谷のラジオ、ルトロン、渋谷区観光協会、ほか

    B.LEAGUE 試合の様子
     

    <映像配信高度化機構について>

    一般社団法人 映像配信高度化機構(所在地:東京都港区、理事長:中村 伊知哉、URL:http://nexcdi-f.jp/)は、高度映像(4K・8K、高臨場感等)技術および高速大容量の通信ネットワークを活用した高度映像配信サービスの技術的な検証を加速し、世界に先駆けて、当該サービスの開始とその普及・展開を推進するために2016年5月に設立されました。高度映像配信サービスの実用化、普及展開に積極的に取り組む事業者が参画しています。

    <4Kデジタルサイネージ配信システム概要>

    4Kライブ配信は青山学院記念館からの映像を「ひかりTV 4K」で実績のあるNTTぷららの4K配信プラットフォームを採用してサイネージまで伝送、映像の遅延や劣化を極力抑え高品質に再現します。サイネージディスプレイは高画質なソニーの「ブラビア」法人向けモデルを採用し、HTML5によるコンテンツ制御によりマルチソースの映像配信をスケジューリング、コントロールします。

    4K デジタルサイネージ配信システム 構成図

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0220-009174.html