loading...

電通、スペイン最大級のデータ分析コンサルティング会社「ディビサデロ社」の株式94%取得で合意

    2017/04/07

    電通、スペイン最大級のデータ分析コンサルティング会社「ディビサデロ社」の株式94%取得で合意

    04月07日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2017年04月07日

    電通、スペイン最大級のデータ分析コンサルティング会社「ディビサデロ社」の株式94%取得で合意

     

    株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、スペインのデータ分析コンサルティング会社「DIVISADERO DIGITAL INTELLIGENCE SL」(本社:マドリード市、Managing Director:Manuel Blanco、以下「ディビサデロ社」)の株式94%を取得すること、および今後完全子会社化するオプションを当社グループが有することにつき、同社株主と合意しました。

    2005年に設立されたディビサデロ社は、マドリード市、バルセロナ市に営業拠点、北スペインに開発拠点を持っており、90名以上のエンジニアやアナリストなどを擁しています。

    同社の強みは、さまざまなデータの提供とその分析能力にあります。データを有益な情報に変え、その情報を企業の意思決定に生かすというモットーの下、顧客企業に対して、デジタル成熟度評価、戦略的ロードマッピング、テクノロジー・ベンチマーキング、データ収集および分析のほか、CRM関連のスキルを用いたオーディエンス・プロファイリングのサービスも提供しています。スペインの5大銀行のうち3行や2大保険会社を顧客に抱えるなど、高い評価を得ています。

    株式取得後、当社はディビサデロのブランド名を残したまま同社を当社グループの10のグローバルネットワーク・ブランド※の1つでデータマーケティングのサービスを提供しているMerkle Group Inc.(マークル)のネットワークに組み込みます。これにより当社グループは、グローバルに展開するマークルのスペインをはじめ欧州におけるプレゼンスと専門性を高め、同地域における成長戦略を加速させていきます。

    なお、本件が当社の2017年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


    ※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Brand Agencies)、Dentsu media、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。
     

    【ディビサデロ社の概要】

    社名:DIVISADERO DIGITAL INTELLIGENCE SL(ディビサデロ社)
    本社所在地  スペイン・マドリード市
    バルセロナ市に営業拠点、北スペイン(ヒホン)に開発拠点を置く
    設立:2005年12月
    株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 94%
    収益(Revenue):451万ユーロ(約5.4億円)(2016年12月期)
    代表者:Manuel Blanco (Managing Director)
    従業員数:90名以上
    事業内容:データの収集・分析・提供およびコンサルティングサービスを提供

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0407-009246.html