loading...
MENU

電通、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援する英国のコンサルティング会社「カスタマー・フレームワーク社」の株式100%取得で合意

    2017/06/16

    電通、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援する英国のコンサルティング会社「カスタマー・フレームワーク社」の株式100%取得で合意

    06月16日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2017年06月16日

    電通、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援する英国のコンサルティング会社「カスタマー・フレームワーク社」の株式100%取得で合意

     

    株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、企業のデジタルトランスフォーメーション(デジタルによる変革)を支援する英国のコンサルティング会社「The Customer Framework Limited」(本社:ロンドン市、CEO & Chairman:Neil Woodcock、以下「カスタマー・フレームワーク社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

    2006年に設立されたカスタマー・フレームワーク社は、デジタルによる変革やデータ活用の重要性が高まる中、その領域における知見・ノウハウに強みを持ち、企業による消費者との対話やエンゲージメント、またそのプロセスの管理を再構築する支援を行っています。

    本件買収の狙いは、カスタマー・フレームワーク社が独自に保有する消費者との対話プロセスを管理する方法論「SCHEMA」(スキーマ)の獲得にあります。当社は、SCHEMAを活用して、顧客企業の経営層がデジタルトランスフォーメーション戦略を立案する際の支援を行うことを通じて、顧客とのより強固な戦略関係の構築が実現できると判断しました。

    今後、Carat(カラ)をはじめとする当社のグローバルネットワーク・ブランドの各社※は、カスタマー・フレームワーク社の協力を得て、その方法論をサービス全体のバックボーンとして取り入れていきます。これにより、ブランド各社は提案時における競合他社との差別化を図り、その方法論をグローバルに展開する顧客企業に提供することで、既存ビジネスとのシナジーを創出していきます。

    なお、本件が当社の2017年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


    ※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Brand Agencies)、 dentsu X、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。
     
     

    【カスタマー・フレームワーク社の概要】
    社名:The Customer Framework Limited(カスタマー・フレームワーク社)
    本社所在地:英国・ロンドン市
    設立:2006年10月
    株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
    収益(Revenue):190万イギリスポンド(約2.7億円)(2016年12月期)
    代表者:Neil Woodcock(CEO & Chairman)
    従業員数:4名(他に、フリーランス13名との契約有)
    事業内容:デジタルトランスフォーメーションに関するコンサルティング

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0616-009317.html