loading...
MENU

電通と電通デジタル、ツインプラネットと共同でインスタグラム動画広告の制作・配信ソリューション「MOVIE GENIC」を開発・提供

    2017/09/15

    電通と電通デジタル、ツインプラネットと共同でインスタグラム動画広告の制作・配信ソリューション「MOVIE GENIC」を開発・提供

    9月15日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2017年9月15日

    電通と電通デジタル、ツインプラネットと共同でインスタグラム動画広告の制作・配信ソリューション「MOVIE GENIC」を開発・提供

    株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)とその100%子会社である株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、CEO:榑谷 典洋)は、株式会社 TWIN PLANET (本社:東京都渋谷区、代表取締役:矢嶋 健二、以下「ツインプラネット」)との共同で、Instagram(インスタグラム)の動画広告を制作・配信するソリューション「MOVIE GENIC」(ムービージェニック)を開発し、9月15日よりサービス提供を開始します。

    今日、動画広告はブランド認知や購買意向を高めることのできる手法として重要視されています。その背景にはスマートデバイスユーザーによるSNS利用の一般化と、SNS投稿における動画コンテンツの増加傾向があります。
    インスタグラムもその一つですが、とりわけ女性や若者世代を狙うマーケティング活動においては重要なSNSと考えられており、広告需要も急増しています。

    こうした状況を踏まえ、3社ではインスタグラムに特化した動画広告の制作と配信を行うソリューションを開発・提供することにしました。
    今回提供する「MOVIE GENIC」の特徴はその映像センスにあります。インスタグラム動画広告においては、そのフォトジェニックな世界観にふさわしい映像センスが求められるため、本サービスではインスタグラムで人気の写真投稿を行っているインスタグラマーたち自らの参加によって、彼らのセンスを取り入れる仕組みを構築しています。これにより、顧客企業はインスタグラムへの動画広告展開を通じて、ブランド認知や、アプリのインストール、購買意向などの指標を向上させることが可能になります。

    本サービスにおける3社の主な役割は、電通はインスタグラムに関する独自の調査データを生かした戦略的な広告コミュニケーションの提案とコンサルティングを、電通デジタルではクリエーティブチームが動画広告の企画・ディレクションを、運用チームがInstagram Stories(※)に広告を配信し、その結果をレポーティングします。ツインプラネットは映像センスを兼ね備えたインスタグラマーたちのマネジメントを行い、所属しているインスタグラマー自身が撮影・編集をします。

    今後も電通グループは、顧客企業のさまざまなニーズに応えていくため、多様なプラットフォームを対象に、より効果的な広告コミュニケーションのあり方を研究し、新しいサービスの開発・提供を進めていきます。

    「MOVIE GENIC」ロゴ

    「MOVIE GENIC」ロゴ

    <ツインプラネットについて>
    社名:株式会社 TWIN PLANET
    所在地:東京都渋谷区神宮前5-3-13 TWIN PLANET BLDG.
    設立:2006年11月1日
    代表者:代表取締役 矢嶋 健二
    資本金:1,340万円
    従業員数:40名
    事業内容:IP(Intellectual Property=知的財産権)を軸に、エンターテイメント分野において幅広い事業を展開。「ヒト・モノ・コト」などあらゆるコンテンツをIPとして捉え、市場調査・企画・PR・コンテンツ開発・商品開発・メディア開発などを手掛ける。また、さまざまなジャンルで活躍する個性的な人材が所属する芸能プロダクションとしての側面も持ち、独自のキャラクタービジネスやイベント事業を実施している。

    ※Instagram Stories広告は、Instagram初のフルスクリーン広告です。
    動画や静止画のオーガニック投稿の間に自然に広告が挟まれ、表示されます。

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0915-009362.html