loading...
MENU

ラジコ NHKラジオの実験配信を発表

    2017/09/20

    ラジコ

    NHKラジオの実験配信を発表

    インターネットでラジオの配信サービスを展開するradiko(ラジコ)は9月20日、NHKラジオの実験的な配信を10月2日から開始すると発表した。
    今回の試みは、「NHK・民放連共同ラジオキャンペーン」の一環で、NHKラジオの配信は初となる。

    配信期間は、10月2日午後0時ごろから2018年3月30日までで、無料で聴取できるエリア内でのライブ(同時配信)のみとなる。配信エリアは、関東広域(1都6県)、福岡県域、宮城県域、広島県域、愛媛県域の5エリアで、配信コンテンツは、NHKラジオ第1(5エリア5コンテンツ)、NHKラジオ第2(5エリア1共通コンテンツ)、NHK FM(5エリア5コンテンツ)。なお、ラジコの「エリアフリー聴取(ラジコプレミアム)」(有料/配信エリア外聴取)、「タイムフリー聴取」(無料)での配信はない。


    現在、ラジコは、民放ラジオ86局と放送大学が参加し、月間ユニークユーザー1000万人、1日のユニークユーザーが100万人を超える。また、14年4月開始の「エリアフリー聴取(ラジコプレミアム)」(有料/配信エリア外聴取)のプレミアム会員数は約44万人(2017年9月現在)、さらに16年10月開始の「タイムフリー聴取」(無料)の実証実験では、月間ユニークユーザーが約240万人(17年9月現在)に上る。


    ラジコは「ラジオの存在意義をより高めるために、聴取環境を整え、ネットとの連携によって、新しいラジオの楽しみ方を提案することで、ラジコユーザー(=ラジオリスナー)を拡大し、ラジオの媒体価値向上を目指す。音楽と人、エンターテインメントと人、テクノロジーと人、 広告と人、地域社会と人、こうした関係全てをつなぐオーディオ・プラットフォームをつくるのがラジコの未来像だ」としている。
    公式サイト:http://radiko.jp/