loading...
MENU

キリンビール“社員”の香川さん  「のどごし ZERO」のプレゼンで熱弁

    2017/09/21

    キリンビール“社員”の香川さん 

    「のどごし ZERO」のプレゼンで熱弁

    キリンビールは9月19日、新商品「キリン のどごし ZERO」を新発売し、東京・文京区のベルサール飯田橋ファーストで、商品・新CM発表会を行った。
    新商品は糖質、プリン体、人口甘味料をいずれも“ゼロ”としながら、のどにグッとくるコクと爽快なキレを実現したアルコール飲料。
    同日からは、俳優の香川照之さんを起用した新CM「香川、感動する」編の放送を開始した。クリスタルキングの楽曲「大都会」をバックに、おいしさに驚く香川さんの表情を描いた。
    キャッチコピーは「日本にはうまいゼロが必要だ。」。
    また、ユーチューブでは2週間限定で、香川さんの「喜ぶ」「慌てる」「浸る」など多彩な表情を紹介する日替わりウェブCM「6秒香川さん」を公開する。

    マーケティング部の川﨑篤史主務は「当社は健康意識の高まりに向け、さまざまなゼロ系商品を提案してきた。近年、幅広いお客さまが日常的に選ぶ飲料として定着している。大好きなビールをごくごく飲みたいが健康に気を付けたい、おいしさに妥協したくないという期待に応えるべく同製品を開発した」とあいさつ。「製品とマーケティング戦略の詳細について、入社以来、その辣腕で社内に新しい風を吹き込んできたシニアエグゼクティブマーケティングディレクターの香川よりご説明します」と、ステージに香川さんを呼び込んだ。
    キリンビール社員としてスーツ姿で演台に立った香川さんは、「商品概要ならびに今後のマーケティングプランに関するご説明を申し上げます。お時間は15分ほどを想定しております。熱を帯びた場合は…最大延長8時間ほど覚悟してください」とジョークを交えながら、キレのいい口調でプレゼンテーションをスタートした。

    香川さんは「糖質、プリン体カットでも、もっとおいしいものが飲みたい。こういう強いニーズがあることが改めて浮き彫りになった。これまでお客さまにご満足いただける商品を提供できなかったことを深くおわび申し上げます」と話し「本当は土下座したいくらい」と、自身がドラマで演じた役を連想させるコメントと「当社として100%、いや200%、いや500%の自信を持って、世の中にお届けする」「うまいゼロ。ゼロは倍にしても、100倍にしても、答えはゼロです!」など、ドラマのセリフをアレンジしたキーワードを盛り込み会場を和ませた。

    無類のビール好きを自認する香川さんは、休みのないハードな生活の中で、ビールを飲むことがなによりの楽しみだと明かし、映画の撮影で中国に5カ月間滞在した時、冷たいビールを注文するための中国語を最初に覚えたというエピソードも披露した。
    プレゼンテーションの緊張でのどが渇いた香川さんは、「最後は乾杯で新CM発表会を締めたい」と述べ、「キリン のどごし ZERO」をグッとのどに流し込みながら「うまい!!」と満面の笑みを見せた。
    公式サイト:http://www.kirin.co.jp/products/beer/nodogoshi-zero/