loading...
MENU

東京広告協会が新事業「広告未来塾」開講

    2017/09/22

    東京広告協会が新事業「広告未来塾」開講

    東京広告協会は10月25日から、新事業「広告未来塾」を開講する(来年3月16日まで全6回)。

    広告未来塾

    第1期塾長は、須田和博氏(博報堂)。「広告の未来のカタチ」をテーマに意見交換や質疑応答型の連携セミナーを行う。

    広告主、媒体社、広告業から幅広く若手・中堅層(20~30歳代)を対象として受講生を募集する。激変する広告界で、今後の広告コミュニケーション領域でさまざまなイノベーションを創造し、可能性を広げていくことを学び、塾での研さんを通じて業界や企業を超えた共創・交流の場になることを目指す。

    ■概要・日程

    第1期塾長:須田和博氏(博報堂ビジネスインキュベーション局エグゼクティブ・クリエイティブディレクター スダラボ代表)

    テーマ:「広告の未来のカタチ」

    第1回 10月25日(水)
    「IoT時代の広告のカタチ」須田和博氏(博報堂)

    第2回 11月22日(水)
    「広告の基本(仮)」中島祥文氏(クリエーティブディレクター)

    第3回 12月13日(水)
    「テクノロジーとイノベーション(仮)」齋藤精一氏(ライゾマティクス)

    (以後2018年)

    第4回 1月17日(水)
    「グローバル・マーケティングのポイント」大石芳裕氏(明治大学)

    第5回 2月20日(火)
    「プラットフォーマーとして(仮)」横澤大輔氏(ドワンゴ)

    第6回 3月16日(金)
    「アイディア」宮崎晋氏(博報堂)


    ■時間 各回とも午後7時~9時

    ■場所 電通銀座ビル8F会議室(中央区銀座7-4-17)

    ■定員 50人(応募多数の場合は抽選)

    ■受講料 会員社=2万5000円/6回分  非会員社・一般=3万円/6回分

    ■申し込み 東京広告協会ホームページから 

    9月22日受け付け開始、10月10日締め切り