loading...
MENU

ピエトロアンバサダー佐々木希さん ネイティブな秋田弁で故郷に問う

    2017/10/30

    ピエトロアンバサダー佐々木希さん
    ネイティブな秋田弁で故郷に問う

    ピエトロは、アンバサダー就任7年目となる佐々木希さんを起用した新テレビCM「全国でいちばんになりたい」を10月27日、関東エリアでオンエア開始した。同CMは、佐々木さんが、生まれ故郷の方言である秋田弁を使って、秋田で暮らす夫婦にピエトロドレッシングの評判を問い掛ける設定だ。前作のCMでのウサギのコスチュームに身を包んでいたポップな雰囲気から一転、佐々木さんの艶やかな表情と心温まる方言のギャップを楽しめる。

    15秒CMは、佐々木さんのリアクション違いで3タイプ。ピエトロドレッシングを用いたレシピも3種類紹介されている。

    秋田弁でCMに出演するのは初めてだった佐々木さんだが、撮影現場では生まれ故郷の言葉を大切にする愛情や強いこだわりが見られた。撮影前にセリフを確認する際には笑顔で故郷の言葉を懐かしんでいた一方、少し違和感のあるセリフには「もう少し話しやすい言葉に変えてもいいですか?」と提案もしたという。ちなみに、30秒CMの最後に出てくるセリフ「あい~、しがだね」は佐々木さんがアドリブで加えた言葉で、当初の台本には用意されていなかった。

    佐々木さんは撮影を振り返って、「秋田の方が見ても納得していただけるような秋田弁を意識した。秋田の方が『いいね』と言ってくださるか、ドキドキする。多くの方に見ていただけるとうれしい」と語った。

     

    公式サイト:http://www.pietro.co.jp/enjoy/cm/