loading...
MENU

今一番食べてほしい、おいしい日本の逸品 「フード・アクション・ニッポン アワード 2017」発表

    2017/10/31

    今一番食べてほしい、おいしい日本の逸品
    「フード・アクション・ニッポン アワード 2017」発表

    「フード・アクション・ニッポン」(FAN、主催:農林水産省)は10月30日、新宿区のリーガロイヤルホテル東京で「フード・アクション・ニッポン アワード 2017」最終審査会を開催した。本アワードは今年で9回目を迎え、国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・団体などを広く募集し、優れた取り組みを表彰している。

    最終審査会では、1111件の応募から1次審査で選ばれた入賞100産品のうち、アワード受賞10産品を決定した。最終審査委員は、国内の大手流通、外食、百貨店など、食に関係する大手企業のトップ10人が務めた。審査基準は、一つ一つの産品を育ててきたヒトやその背景にあるストーリーだ。

    審査の結果、ミソドの「みそまる」、邑南町観光協会の「日和高原ミルクジャム」、前田屋の「漁師のまかない海苔」、アイルの「野菜シート」、一善やの「干柿と胡桃と無花果のミルフィーユ」、かねはちの「OIL SABADINES 駿河燻鯖 オリジナル味・ナチュラル味・ガーリック味」、福島鰹の「京さわらの旨味だし」、田畑商店の「梨フルーツらっきょうディップ(わさび入りタルタルソース)」、小杉食品の「あおさのり納豆」、アジアン・マーケットの「糸島産ふともずく」の10産品が受賞した。

    公式ウェブサイトでは、最終審査会に先駆けて、一般消費者による入賞100産品の投票を実施。岡山ルートサービスの「牛窓ホワイトマッシュルームの食べるドレッシング」が「FAN特別賞」として表彰された。

    農林水産省食料産業局の井上宏司局長は「日本食のレストランは、世界中で年々増加している。日本の食文化は、海外における注目が非常に高い一方、国内では価値の認知が不十分。各地域での取り組みを国内の消費者にいかに伝えていくかが課題だ」と述べ、「入賞した産品は、どれもおいしさと美しさ、そしてストーリー性を備えていた。産品の発信に、今後も努力していく」と総括した。

    選定された産品は、11月4、5日に東京の丸の内で開催されるイベント「ジャパンハーヴェスト」で紹介される。また、入賞100産品の一部は、審査に携わった企業で販売される予定だ。

     

    公式サイト: http://syokuryo.jp/award/