loading...
MENU

電通が運用するベンチャーファンド「電通ベンチャーズ」、ドローンを活用した事業支援クラウドサービスを開発・提供する「株式会社CLUE」に出資

    2017/11/15

    電通が運用するベンチャーファンド「電通ベンチャーズ」、ドローンを活用した事業支援クラウドサービスを開発・提供する「株式会社CLUE」に出資

    11月15日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2017年11月15日

    電通が運用するベンチャーファンド「電通ベンチャーズ」、ドローンを活用した事業支援クラウドサービスを開発・提供する「株式会社CLUE」に出資

    株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド」(以下「電通ベンチャーズ」)は、ドローンが当たり前に飛び交う社会を目指し、ドローンを活用した点検・測量・空撮などの事業支援ソリューションを開発・提供する「株式会社CLUE」(本社:東京都港区、代表取締役社長:阿部 亮介、以下「クルー社」)に出資しました。

    クルー社は、ドローンの飛行制御技術に加え、画像収集やデータ加工・解析が一括処理できるソリューションを提供しており、住宅屋根点検や商業施設外壁点検、また開発途上国向けのインフラ点検などの事業を展開しています。また、遠隔地の複数台のドローンをクラウド上からリアルタイムで制御する技術やデータ転送技術の開発を進めており、それらの技術を応用した産業別のソリューションも提供しています。

    同社は、ドローンの活用が一般化するのに伴い、各産業での生産性向上やコスト削減に寄与するキーテクノロジーとなるととらえ、提供する各種事業を通じて社会基盤整備への貢献を進めています。

    今後、電通ベンチャーズは、電通グループが有するリソースや事業機会を活用して、ドローン飛行および運用に関する豊富なノウハウを保有するクルー社の成長戦略と、ひいてはドローン産業全体の発展に貢献していきます。

    クルー社と電通ベンチャーズの概要は以下のとおりです。

    クルー社が開発する日本初のスマートフォンで動かすドローン屋根撮影アプリ「Drone Roofer」
    クルー社が開発する日本初のスマートフォンで動かすドローン屋根撮影アプリ「Drone Roofer」

    <クルー社の概要>
    社名:CLUE株式会社
    本社所在地:東京都港区南青山7-10-3 南青山ビル4階
    代表者:阿部 亮介(代表取締役社長)
    事業内容:ドローンを活用した事業支援クラウドサービスの開発・提供
    URL:https://corp.t-clue.com

    <電通ベンチャーズの概要>
    名称:電通ベンチャーズ1号グローバルファンド(Dentsu Ventures Global Fund I)
    ファンド総額:100億円
    ファンド組成時期:2015年4月
    運用期間:2025年3月までの10年間を予定
    投資地域:米国、欧州、日本、アジアなどグローバルに投資
    投資ステージ:シード/アーリーステージを中心としつつ、ミッド/レイターステージも含む幅広いバランス投資
    投資領域:
    (1)広義のマーケティング/コミュニケーションビジネスを変革しうる領域
    (2)上記に当てはまらなくともイノベーティブでポテンシャルの高い新領域
    URL:http://dentsu-v.com/

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/1115-009396.html