loading...
MENU

電通グループ、第65回カンヌライオンズでグランプリ2部門を含む30個の賞を獲得

    2018/06/27

    電通グループ、第65回カンヌライオンズでグランプリ2部門を含む30個の賞を獲得

    6月27日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2018年6月27日

    フランスのカンヌ市で開催された第65回「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」(※)(Cannes Lions International Festival of Creativity 2018、6月18日~22日)において、電通グループはデジタル・クラフト部門の最高賞である「グランプリ」と、非営利団体や公的機関による優れたコミュニケーション作品に贈られる最高賞の「グランプリ・フォー・グッド(Grand Prix for Good)」を含め、計30個の賞を獲得しました。

    グランプリ・フォー・グッドの受賞シーン
    グランプリ・フォー・グッドの受賞シーン

    今回のフェスティバルには、約90の国と地域から32,372作品のエントリーがありました。

    電通グループの受賞部門と各賞の数は次のとおりです。

    電通グループの受賞部門と各賞の数

    <2つのグランプリ作品について>

    BWM Dentsu, Sydneyが制作し、グランプリ・フォー・グッドに輝いた「Project Revoice」(広告主名:ALS Association)は、他にもゴールド1、シルバー1、ブロンズ3を受賞しています。また、Isobar, New Yorkが制作した「Aeronaut」(広告主名:William Patrick Corgan)は、デジタル・クラフト部門でグランプリに選ばれました。

    <その他の成果について>

    この他、電通グループのメディアエージェンシー各社は、計32個(ゴールド5、シルバー9、ブロンズ18)の受賞作品に携わりました。

    加えて、カンヌライオンズで初開催され、2日間をかけて6つのSGDsゴール(貧困をなくそう、飢餓をゼロに、すべての人に健康と福祉を、質の高い教育をみんなに、ジェンダー平等を実践しよう、安全水とトイレを世界中に)について競うハッカソン「Change for Good」では、合同で参加した電通(東京)とDentsu Jayme Syfu(フィリピン)のチームが優勝しました。


    ※カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(Cannes Lions International Festival of Creativity)は、カンヌ国際映画祭の一部として劇場広告映画のコンクールからスタートし、1954年からは独立して開催されている。規模の大きさ、審査員構成、入賞作品のレベルの高さなどから、数ある国際広告賞の中でも特に高い評価を得ている。
     
    今年は、以下の9つのトラック(Track)、計26部門で審査が行われました。
    1)COMMUNICATION:デザイン部門、フィルム部門、モバイル部門、アウトドア部門、プリント&パブリッシング部門、ラジオ&オーディオ部門、チタニウム部門、2)CRAFT:デジタル・クラフト部門、フィルム・クラフト部門、インダストリー・クラフト部門、3)ENTERTAINMENT:エンターテインメント部門、エンターテインメント・フォー・ミュージック部門、4)EXPERIENCE:ブランド・エクスペリエンス&アクティベーション部門、クリエーティブeコーマス部門、5)GOOD:グラス部門、サステイナブル・デベロップメント・ゴール部門、6)HEALTH:ヘルス&ウェルネス部門、ファーマ部門、7)IMPACT:クリエーティブ・エフェクティブネス部門、8)INNOVATION:イノベーション部門、プロダクト・デザイン部門、9)REACH:クリエーティブ・データ部門、ダイレクト部門、メディア部門、PR部門、ソーシャル&インフルエンサー部門。

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0627-009561.html