loading...
MENU

東京2020オリンピック 観戦チケットの概要を発表 全チケットの半分以上が8000円以下

    2018/07/20

    東京2020オリンピック
    観戦チケットの概要を発表
    全チケットの半分以上が8000円以下

    東京2020組織委は7月20日、2020年東京オリンピックの公式チケットの概要について発表するとともに、チケット購入に必要な「東京2020 ID」の事前登録キャンペーンの開始イベントを、千代田区の東京国際フォーラムで行った。

    冒頭、組織委の古宮正章副事務総長は「今週の国際オリンピック委員会の理事会で、東京大会のチケットの種類や価格について承認された。2年後の大会に向け、さらに機運の醸成を図るため、“奇跡をつくる、1人になろう。”をスローガンに、IDの事前登録キャンペーンを始める」とあいさつした。
    キャンペーンでは、ウェブメディアでのバナー広告掲載や交通広告により、IDの登録促進・啓発を行い、登録者にはメールマガジンなどで、チケットや大会に関する情報を配信する。

    ステージには、陸上競技の藤光謙司選手や、元体操日本代表の田中理恵さん、元車いすバスケットボール日本代表の根木慎志さん、パラ陸上の高桑早生選手の4人が登場した。
    4人は「観客の声援が会場の空気感をつくり、選手の好記録につながる」「観客と選手の一体感がアスリートのパワーを引き出す」「生の競技を間近に見て、五感で感じてほしい」など、アスリートにとっての声援の大切さと、会場での観戦の面白さを語り、チケット購入に先立つID登録をPRした。

    鈴木秀紀チケッティング部長は、チケットの概要について説明した。
    日本国内のチケット販売は、組織委が公式サイトを通じて直接販売するとともに、2020年にはチケット販売所での販売も行う予定で、販売開始は19年春のもようだ。
    開閉会式のチケット価格は1万2000円から30万円、競技のチケットは2500円から13万円で、チケット全体の半分以上は8000円以下に設定される。

    また、開催年にちなんだ2020円の企画チケット(開閉会式を含む全競技)を提供する。子どもや年配者、障がい者も含めた家族などで来場できるグループ向けのチケットだ。さらに、100万人以上規模の学校連携観戦プログラムを実施予定。
    組織委では、これらの一般チケットとは別に、人気競技を中心に、会場内での飲食サービスや記念品などの付加価値を付けて販売するホスピタリティプログラムを検討中。

    IDサイト:
    https://id.tokyo2020.jp/