loading...
MENU

ラグビー×ビジネスで学ぶセミナー 「RUG BIZ SHOW」開講

    2018/09/20

    ラグビー×ビジネスで学ぶセミナー
    「RUG BIZ SHOW」開講

    「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」のオフィシャルスポンサーである三菱地所は、開幕1年前に先立ち、大会機運を盛り上げるため「丸の内15丁目PROJECT」(9月13~20日)を展開している。

    関連記事:
    三菱地所 ラグビーワールドカップ1年前に「丸の内15丁目プロジェクト」始動[2018.9.14]
    ラグビーワールドカップのドキュメンタリームービー「BY THE RUGBY」公開[2018.9.18]

     

    その一環として、期間中の4日間、ラグビーから学ぶビジネススクール「RUG BIZ SHOW」(計5枠)が、東京・千代田区の丸ビルマルキューブなどで行われた。
    現役ラガーマンやビジネスの最前線で活躍する元ラガーマンらを講師に迎え、ラグビーの柔軟で不屈の思考法で課題解決を探るセミナーだ。

    セミナー参加者にプレゼントされた、ラグビーボール型の「教科書」

     現役ラガーマンでは、畠山健介選手(サントリーサンゴリアス)や、ダン・カーター選手(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、日和佐篤選手(同)、トンプソン・ルーク選手(近鉄ライナーズ)が講師を務め、「世界が驚く、究極の決断力」「ビジネスに効く、オールブラックス15の規律」「あえて語ろう、ハードワーク論」をテーマに、現役ならではの思いを語った。

    18日には、麻生セメントの麻生泰会長(九州経済連合会会長)、デジタルハーツホールディングスの玉塚元一社長、男子セブンズ日本代表ヘッドコーチの岩渕健輔氏の元ラガーマンが講師を務め、日本経済新聞社の柿木英人執行役員を進行役に講義をした。

     3人は、「トップリーダーが語る“ラ式”戦略経営」をテーマに、ラグビーの持つ多面性から、「ビジネスで生きたラグビー経験」「強い組織づくりに必要なこと」「リーダーシップ、キャプテンシーについて」「ラグビーの戦略とビジネス」「規律」「国際化の必要性」などについて活発に考えを表明した。
    約100人の聴講者は、豊富なラグビー経験を持つトップ経営者と現役監督の、時に面白く時に熱い話しに引き込まれ、あっという間の2時間を過ごした。

    「丸の内15丁目PROJECT」サイト:
    https://marunouchi15.com/