loading...
MENU

日本マクドナルド 「タツタ」と「タレタ」どっちから食べる?

    2019/02/12

    日本マクドナルド
    「タツタ」と「タレタ」どっちから食べる?

    日本マクドナルドは、1991年に登場し、昨年初めてリニューアルした「チキンタツタ」と、新商品「チキンタレタ」を2月13日から期間限定で販売する。

    「チキンタツタ」は、ふっくらとした食感のオリジナルバンズに、生姜醤油の風味が香るチキンパティと千切りキャベツ、やや辛みのあるクリーミーなソースをサンドし、発売以来の人気商品。
    一方の「チキンタレタ」はタツタをベースに、コチュジャンとにんにくを効かせた甘辛いタレとホワイトチェダーチーズを組み合わせ、チーズタッカルビをイメージしたバーガーに仕上げた。

     2月7日、都内の同社施設でメディア向けPRイベントと試食会が行われ、マーケティング本部の坂下真実部長は、「タツタと名前が似ているタレタは、タツタを尊敬しているというストーリーの下、テレビCMではどちらを先に食べるか迷う姿を描いた。皆さんも店頭で迷いながら楽しんでほしい」と話し、「#タツタタレタどっちから」のハッシュタグが付いた同社公式ツイッターの投稿をリツイートすると、抽選で「チキンタレタ特製うま辛たれ」が当たるキャンペーンを紹介した。

    トークセッションには、お笑いトリオのダチョウ倶楽部がゲストで登場。
    肥後克広さんはタレタをイメージした赤いスーツ、寺門ジモンさんと上島竜兵さんはタツタをイメージした黄色のスーツで「ヤー!」となじみのポーズを決めた。寺門さんは自分たちが起用された理由について「大人気商品・チキンタツタにちなみ、芸能界に無くてはならない存在だから」と熱弁。上島さんは「オレたち、頑張ってきてよかったな」と同調するも、肥後さんからダチョウとチキンの単なる「トリつながり」だと明かされると、「聞いてないよ~!」と定番のフレーズを披露。「今年は“チキンタツタ・タレタ倶楽部”に改名して頑張りたい」と会場を盛り上げた。

     メニューマネジメント部の若菜重昭上席部長の商品説明を聞いた3人は、「もう我慢できない、早く食べたい!」と試食を要望し、両品をほお張った。
    肥後さんは「生姜醤油風味が利いていて、バンズもフワフワ。旬の味わいといえるうまさ」と絶賛し、食通として知られる寺門さんも「甘辛いタレが絶品で寒い季節にピッタリ」とコメント。あっという間に2品を完食してした上島さんは「おいしすぎて訴えてやる!」と帽子を床にたたきつける持ちネタで称賛した。

    公式サイト:
    http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/tatsuta/