loading...
MENU

P&Gジャパン 学生向けコンテスト「マーケッターズ・ハイ2019」を展開

    2019/02/13

    P&Gジャパン
    学生向けコンテスト「マーケッターズ・ハイ2019」を展開

    プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン)は2月8日、学生ビジネスコンテスト「P&G Presents Marketers HIGH マーケッターズ・ハイ2019」の本選考プレゼンテーションと表彰式を、中央区のベルサール東京日本橋で開催した。
    同社発の新たな大学生向け育成プログラムで、2018年11月から募集と1次審査を行ってきた。

    同社はこれまで、採用活動の一環として大学3、4年生に向けてインターシップを実施してきたが、同コンテストは従来の採用直結型ではなく、さまざまな分野に興味関心、可能性を持つ大学1、2年生を対象に、グローバルに活躍する人材育成を目的にした学びの機会を提供するもの。
    米国本社などでは過去に多くの開催実績があり、ビジネスアイデアの創出・実行を体験してもらうことで学生の成長をサポートしてきた。日本での開催は、今回初となる。
    コンテストのキャッチコピーは「まだ見ぬ、次のマーケッターたちへ。」。

    本選考の課題は、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」、シェーブケアブランド「ジレット」、柔軟剤「レノア」のビジネス戦略を理解し、大学生をターゲットとした新規顧客獲得プランを立案すること。
    優勝チームは300万円の企画実施予算を基に、発表したプランの実行に向けて4月中旬から活動を行う。

    1次審査を通過した15チームによる予選、決勝プレゼンテーションの結果、「P&G新生活応援キャンペーン~仕送りでつながる親子の絆~」と題したプランを発表した草山亮さん、竹内翔海さん、由衛彰敬さん、依田涼さんのチームが優勝に輝いた。
    親から生活品の仕送りを受ける一人暮らしの学生が、P&Gの製品を試すという、学生ならではの視点とアイデアが高く評価された。同チームのメンバーは、「テーマを決める段階から苦労したが、挑戦を形に残すことができてうれしい。今後はプラン実現に向けて頑張りたい」と喜びを語った。

    マーケティング本部の松浦香織執行役員は、「どのチームもクオリティーが高く、甲乙つけ難い内容だった。どうすればターゲットを獲得できるか、持続可能なプランになるか、そして実現できるかまで考えられており感心させられた」と述べ、優勝チームのプレゼンテーションは特に独創的だったと講評した。