loading...

    2020/06/03

    SEGA 60周年記念のウェブ動画で、
    藤岡さん親子が共演

    エンターテインメントコンテンツ事業を展開するセガグループは、今年60周年を迎えるのを記念して、セガを愛してやまない謎のキャラクター「せが四郎」を描く動画シリーズを4月からウェブで展開。セガ創立記念日の6月3日、最終話となる第3話「決意」編(120秒)を公開した。

    せが四郎には、過去に伝説の人気キャラクター「せがた三四郎」を演じた、俳優の藤岡弘、さんの長男・藤岡真威人さんを起用した。
    シリーズでは、新キャラクター せが四郎(セガ、知ろう)の姿を通して、「創造は生命(いのち)」のDNAを絶やさず、さらに前進する同社を表現する。

    関連記事:「SEGA」60周年 動画「せが四郎」シリーズに、藤岡真威人さんを起用[2020.03.31]
     

    第1話「登場」編では、とある学校に突然現れたせが四郎が、さまざまな場面に姿を見せて、あらゆる質問に「セガだよ」とアピールし続ける内容。第2話「秘密」編は、小さい頃に別れた父親との思い出にふけるせが四郎の前に、「セガなんて、時代遅れだ!」と言い放つ仮面を付けた謎の男「セガハタンシロー」が出現し、一気に両者対決の様相を帯びる。

    「決意」編では、両者の戦いが描かれる。せが四郎は「セガは僕が守る」と、屈強なセガハタンシローに立ち向かうが苦戦。しかし、父の形見の柔道着に袖を通して最後は勝利する。謎の男の「成長したな」の声に振り返ると、そこには父「せがた三四郎」の姿が。父親は「今のお前ならセガを守っていける」「俺は、かってのセガの象徴だ」「俺を超えていけ。俺を投げ飛ばせ」と語る。決意して父親を宇宙まで投げ飛ばしたところで、教室で夢を見ていたと分かるが、せが四郎の手には、父のメッセージが刻まれた帯が握られていた。

     

    藤岡弘、さんはインタビューで「20数年前に、せがた三四郎を演じたことが昨日のように感じる」「まさか自分の息子が同じような役をやるとは。こんなデビューの場を作ってくれた皆さんには、感謝しなければならない。彼の真剣な眼差しを見て、親としてうれしくなった」などとコメントした。

    「せが四郎」特設サイト:
    https://60th.sega.com/segashiro/

     

    新規CTA
    新規CTA