loading...

    2020/06/01

    日本経済新聞社
    カンヌライオンズの、選りすぐりの作品を紹介する特設サイトを開設

    カンヌライオンズ日本事務局を務める日本経済新聞社は6月1日、コロナ禍により今年の開催が中止になった「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」(以下カンヌライオンズ)について、今、世界で最も求められるクリエイティブやPRの在り方、企業メッセージの重要性などを学べる選りすぐりの作品を、同PR部門受賞作の中からオンラインで紹介する閲覧無料のサイト「Cannes PR Lions 10 YEAR EXHIBITION IN JAPAN」(主催:同社 イベント・企画ユニット)の開設を発表した。

    カンヌライオンズは、毎年6月にフランスのカンヌで開催され、全世界のクリエイティブやコミュニケーションキャンペーンの優秀事例をグローバルな視点で評価するアワード。
    近年では、その取り組みによってどのような社会課題が解決されたかなどが評価基準として重視されるようになっている。2009年に設けられたPR部門の受賞作では、特に企業がジェンダーや環境問題などの社会課題解決に先行して取り組み、社会および生活者の意識や行動を変えた作品が多いのが特徴だ。

    同社では、フェスティバルが新型コロナウイルスの影響で中止になったことを受け、このような環境下での企業コミュニケーションは、ますます社会的存在意義を明確にしつつ、社会課題解決につながる行動が求められていると考え、コロナウイルス被害も含む、さまざまな社会課題への向き合い方と、それに関連するコミュニケーションの在り方を模索するヒントとしてサイトの開設に至った。
    サイトでは、コロナ禍において、世の中を元気にするために行われている世界各地での取り組みなども取り上げる予定で、「これらを包括して眺めることで、今後の日本における企業コミュニケーション戦略策定の一助になれたら幸いだ」としている。

     同サイト(https://cannesprlions.com/)は6月1日にティザーサイトが、本来フェスティバルが開催されるはずだった同22日からは本サイトがオープンする。
    ティザーサイトでは、この10年間に生まれた作品の中から、社会課題に対して人の意識を根底から覆し、変革をもたらした受賞作品を取り上げ解説している。

    ■展開テーマ
    昨今のカンヌライオンズでも議論されることの多い、下記10テーマを選び受賞作をオンラインサイトにて掲載予定。
    1.    ジェンダー問題(女性のエンパワーメント、男女格差解消)
    2.    ダイバーシティ(LGBTQ)
    3.    インクルーシブネス(障碍者)
    4.    銃犯罪撲滅
    5.    難病/疾病啓発
    6.    DV&児童虐待&いじめ
    7.    人種差別
    8.    環境問題
    9.    交通事故防止
    10.    フード&ヘルスケア

     

     

    新規CTA
    新規CTA