loading...
MENU

電通、英国のデータ分析コンサルティング会社「アクイラ・インサイト社」の株式100%取得で合意

    2017/07/06

    電通、英国のデータ分析コンサルティング会社「アクイラ・インサイト社」の株式100%取得で合意

    07月06日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2017年07月06日

    電通、英国のデータ分析コンサルティング会社「アクイラ・インサイト社」の株式100%取得で合意

    株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、英国は独立系最大のデータ分析コンサルティング会社「Aquila Insight Limited」(本社:エディンバラ市、共同創業者兼共同CEO:John Brodie、Warwick Beresford-Jones、以下「アクイラ・インサイト社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

    アクイラ・インサイト社は、60名以上のデータ分析者などの専門家を抱え、独自のデータプラットフォームを有しています。これらの専門性を背景に、欧州全土のトップブランド企業に対し、予測分析・メディアミックスの最適化・デジタルアナリティクス・CRM戦略の構築といった領域で高度なサービスを提供し、企業のマーケティングROI向上などに貢献しています。

    本件買収の目的は、データ分析を基に企業のマーケティング活動を支援する当社グローバル

    ネットワークブランド「Merkle」※(マークル、本拠地:米国メリーランド州)の、同サービス領域におけるグローバルリーダーとしての地位をさらに高めることにあり、当社はこの買収がマークルの英国市場および欧州地域におけるデータ分析サービスの機能と規模を拡充するグローバル戦略に合致すると判断しました。

    買収後、当社はアクイラ・インサイトをMerkleのネットワークに組み込み、ブランド名を「Merkle|Aquila」(マークル・アクイラ)に改称し、グループ各社との連携を密にすることで、英国市場および欧州地域での成長戦略を加速させていきます。

    これにより、Merkleの英国を含む欧州地域における専門スタッフは850名超となります。

    なお、本件が当社の2017年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


    ※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu BrandAgencies)、dentsu X、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

     
     
    【アクイラ・インサイト社の概要】

    社名:Aquila Insight Limited(アクイラ・インサイト社)
    URL:www.aquilainsight.com
    本社所在地:英国スコットランド・エディンバラ市・ロンドン市にも本社機能を置き、ダービー市にも営業拠点を構える
    設立:2012年1月
    株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
    収益(Revenue):570万イギリスポンド(約8.3億円)(2016年12月期)
    代表者:John Brodie (Joint CEO and Co-Founder)
     Warwick Beresford-Jones (Joint CEO and Co-Founder)
    従業員数:62名
    事業内容:予測分析、メディアミックスの最適化、デジタルアナリティクス、CRM戦略などのサービスを提供

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0706-009329.html