loading...

電通、データ分析とパフォーマンス・マーケティングに強みを持つ インドの有力デジタルエージェンシー「ソクラティ社」の株式51%取得で合意

    2017/07/27

    電通、データ分析とパフォーマンス・マーケティングに強みを持つ インドの有力デジタルエージェンシー「ソクラティ社」の株式51%取得で合意

    07月27日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2017年07月27日

    電通、データ分析とパフォーマンス・マーケティングに強みを持つ インドの有力デジタルエージェンシー「ソクラティ社」の株式51%取得で合意

    株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、データ分析とパフォーマンス・マーケティングに強みを持つインドの有力デジタルエージェンシー「Sokrati Technologies Private Limited」(本社:プネー市、共同創業者兼CEO:Ashish Mehta、以下「ソクラティ社」)の株式51%を取得すること、および今後完全子会社化するオプションを当社グループが有することにつき、同社株主と合意しました。

    2009年に設立されたソクラティ社は、高度なデータ分析とそれに基づくCRM戦略などをベースに統合的なデジタルマーケティング・サービスを提供しています。4億人ものモバイルユーザーを抱えるインド市場において、特にモバイル広告やEコマース領域のサービスで高い評価を得ています。同社は、Deloitteが発表する「Top 50 Technology Companies in India」において、過去4年連続(2013~2016年)でランクインしており、またGoogle Indiaの「Best Quality Accounts賞」なども連続受賞しています。

    本件買収の目的は、データ分析を基に企業のマーケティング活動を支援する当社グローバル

    ネットワークブランド「Merkle」(マークル、本拠地:米国メリーランド州)のインド拠点の確保による、当社グループの現地デジタル市場における規模およびケイパビリティーの拡充にあります。この買収により、当社グループのインドにおける従業員数は3,500名に達し、そのうちの4割を超える約1,500名がデジタル専門スタッフとなります。

    買収後、当社はソクラティ社をMerkleのネットワークに組み込み、ブランド名を「Merkle| Sokrati」(マークル|ソクラティ)に改称し、グループ各社との連携を密にすることで、インドでの成長戦略を加速させていきます。

    なお、本件が当社の2017年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


    ※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Brand Agencies)、dentsu X、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

     
    【ソクラティ社の概要】
    社名:Sokrati Technologies Private Limited(ソクラティ社)
    本社所在地:インド・プネー市
    設立:2009年3月
    株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 51%
    収益(Revenue):2億2,500万インドルピー(約3.9億円)(2017年3月期)
    代表者:Ashish Mehta(共同創業者兼CEO)
     Anubhav Sonthalia(共同創業者兼エンタープライズビジネス責任者)
    従業員数:138名
    事業内容:高度なデータ分析とそれに基づくCRM戦略などをベースに統合的なデジタルマーケティング・サービスを提供

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0727-009336.html