loading...
MENU

電通、米国のデジタルマーケティング会社「ハローワールド社」の株式過半を取得

    2018/01/05

    電通、米国のデジタルマーケティング会社「ハローワールド社」の株式過半を取得

    1月5日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2018年1月5日

    電通、米国のデジタルマーケティング会社「ハローワールド社」の株式過半を取得

    株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」を通じて、米国のデジタルマーケティング会社「HelloWorld, Inc.」(本社:デトロイト市、CEO:Peter DeNunzio、以下「ハローワールド社」)の株式過半を取得することにつき同社株主と合意しました。

    ハローワールド社は、データを活用したオムニチャネルでのカスタマーエンゲージメントに特化したデジタルマーケティングサービスに高い競争力を有しています。ブランド価値向上施策、会員プログラム開発、SMS活用、データ分析など、同社独自の施策を通じて生活者のロイヤルティー向上に貢献することを強みとし、1999年の設立以来、飲料、化粧品・トイレタリーなどの大手有力企業を顧客として獲得、高い評価を得て成長してきました。現在はデジタル領域の専門家を中心に約370名の従業員を抱え、本拠地のデトロイト市の他、シアトル市、シカゴ市、ニューヨーク市、ロサンゼルス市等に営業拠点を展開しています。

    当社は、ハローワールド社の株式取得後、同事業ブランドを「HelloWorld, a Merkle Company」(ハローワールド・ア・マークル・カンパニー)に改称し、2016年に買収した米国独立系で最大級のデータマーケティング会社「Merkle」(マークル社)※と知見・ノウハウを融合させていきます。これにより、当社グループのグローバルネットワーク・ブランドの一つである「Merkle」のスケールとケーパビリティーが拡充され、より多くの顧客に、より競争力の高いソリューションを提供することが可能になります。

    当社グループは引き続き、グローバルなデジタルマーケティング市場における成長戦略を加速させていきます。

    なお、本件が当社の2018年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


    ※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Brand Agencies)、dentsu X、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

     

    【ハローワールド社の概要】
    社名:HelloWorld, Inc.(ハローワールド社)
    本社所在地:米国ミシガン州・デトロイト市、シアトル市、シカゴ市、ニューヨーク市、ロサンゼルス市等営業拠点を持つ
    設立:1999年3月
    株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク87% 
    収益(Revenue):5,300万ドル(約59.8億円)(2016年12月期)
    代表者:Peter DeNunzio (CEO)
    従業員数:約370名
    事業内容:データを活用したオムニチャネルでのカスタマーエンゲージメントに特化したデジタルマーケティングサービスを提供

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0105-009424.html