loading...

電通子会社「電通ダイレクトフォース」の社名変更について

    2018/02/14

    電通子会社「電通ダイレクトフォース」の社名変更について

    2月14日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


    2018年2月14日

    電通子会社「電通ダイレクトフォース」の社名変更について

    - ダイレクト領域強化に向け機能を集約、新社名は「電通ダイレクトマーケティング」 -

    株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、ダイレクトマーケティング領域における成長戦略を加速させるため、本社のダイレクト関連部署を再編し、専門機能を当社100%子会社ダイレクト領域専門エージェンシー「株式会社電通ダイレクトフォース」(本社:東京都港区、社長:白鳥 敏博)へ統合します。

    本再編は、顧客のマーケティング活動において重要度を増すダイレクト領域に対する、当社グループの提供価値向上を目的とした国内事業戦略の一環です。専門性の高い人材とノウハウを集約することで、事業戦略から企画・実行までをワンストップでプロデュースする高度なサービスを提供していきます。

    これを機に「株式会社電通ダイレクトフォース」は、2018年4月1日から社名を「株式会社電通ダイレクトマーケティング」(以下「DDM」)に変更します。

    デジタルテクノロジーの進化によりダイレクトマーケティングの可能性が広がる中、DDMは従来型のダイレクトレスポンス広告に加え、戦略コンサルティング・デジタル・CRM領域にも注力することで、課題解決力を強化していきます。

    また、顧客の多様な需要に応えるべく、最先端のケイパビリティーを保有するための投資や技術開発に加え、専門人材の獲得と育成を加速することで、「事業を成功へ導く」パートナーとして、名実ともにダイレクトマーケティングにおけるリーディングカンパニーとなることを目指します。

    ■株式会社電通ダイレクトマーケティングの主な提供サービス

    ①ダイレクトビジネスコンサルティング
    ダイレクトマーケティング戦略立案、通信販売事業支援(事業戦略策定、投資/販売計画立案)、EC/顧客管理システム導入支援など

    ②ダイレクトコミュニケーションプランニング
    ダイレクトレスポンス広告(マス媒体/OOH)のコミュニケーション戦略・プランニング・バイイング、レスポンスデータマネジメントなど

    ③デジタルマーケティング
    デジタルマーケティング戦略、運用型広告のコンサルティング、オペレーション、オウンドメディア(ECサイト)構築/運用支援など

    ④ダイレクトクリエーティブ(独自メソッドに基づく「売れる」広告表現)
    インフォマーシャル/CMなどの企画制作、パッケージ/ネーミング開発、DM/カタログなどの企画制作・発送代行、ダイレクトクリエーティブ診断プログラムなど

    ⑤CRMソリューション
    CRMコンサルティング、データアナリティクス、カスタマーエクスペリエンスデザイン、リテンションプログラム構築、コミュニティーの企画運営など

    <会社概要>(2018年4月1日より)
    ・社名:株式会社電通ダイレクトマーケティング(Dentsu Direct Marketing Inc.)
    ・所在地:東京都港区芝5-33-1 11階
    ・代表者:代表取締役社長 佐藤 聖仁(※)
    ・資本金:1億5000万円
    ・株主構成:株式会社電通 100%
    ・従業員数:約100名
    ・事業内容:ダイレクトマーケティングとデジタルマーケティングに関するソリューションの提供

     ※2018年3月19日開催の同社株主総会およびその後の取締役会で正式決定

    以上


    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0214-009468.html