loading...
MENU

北海道産新米発表会 ブレンド米のネーミングに、マツコさんが辛口コメント

    2018/11/12

    北海道産新米発表会
    ブレンド米のネーミングに、マツコさんが辛口コメント

    ホクレン農業協同組合連合会と北海道米販売拡大委員会は11月7日、東京・港区のシェラトン都ホテルで、平成30年産北海道米の新米発表会を行った。

    冒頭、同連合会の内田和幸代表理事会長は「今年の北海道米は6月から7月にかけて、低温や長雨、日照不足など天候不順の影響を受け、作柄が心配されている。作柄の良否を示す作況指数も90と厳しい見通しだが、ブランドを維持しながら組織一丸となっておいしい米を届けたい。北海道が誇る食と農業の未来を担うべく、安全・安心な農畜産物を届けるため、誠実に取り組みたい」とあいさつした。

    「北海道米の新たなブランド形成協議会」の東廣明会長は、「天候不順で、記念すべき10周年を迎えた『ゆめぴりか』も収穫量の減少が見込まれている。このような状況の中でも、品質の基準はしっかりと守りたい。より多くの方に北海道米を届けるため、改めて努力する」と決意を述べた。

    同連合会米穀事業本部の熊谷和也課長は、北海道米の現状や取り組み、流通量が減少しても品質基準を変更しないことなどを説明し、「少しでも多くの北海道米を味わっていただくために、やや基準に満たない『ゆめぴりか』と『ふっくりんこ』の2種をブレンドした新商品を開発した」と発表した。

    トークセッションでは、2014年からイメージキャラクターを務め、新テレビCM「ななつぼし 大丈夫」編にも出演しているマツコ・デラックスさんが登場した。

    11月10日から東京・愛知・大阪で放送されるCMは、マツコさんがおかみを務める料理屋に、マルチタレントのリリー・フランキーさんが客として訪れ、静かながらも味わいのある掛け合いを見せるストーリー。
    リリーさんと初共演したマツコさんは、「失礼がないよう気を付けた。普段は失礼があっても問題ない人とばかり会っているから。たまには緊張感をもって仕事しないとダメ」と撮影現場を振り返り、リリーさんがマツコさんの横顔を「色っぽい」と褒めたエピソードについては「ああいうモテる男は、優しいことを言うのよ」と少し照れた表情を見せた。

    この日発表された新ブレンド米を試食したマツコさんは、「ゆめぴりかと比べてモチモチ感や甘さが強くなく、いいとこ取りでおいしい」と高く評価し、「今年の北海道は大変だったけど、いいお米できてよかった」と生産者を労った。

    ブレンド米の名称が「合組(ごうぐみ)」と発表されると、マツコさんは呆気にとられた表情で「は?何だこれ?ヒドい名前」と、超辛口のリアクションを見せ、会場の取材陣を驚かせた。

    ネーミングの由来は、異なる産地や品種の茶葉をブレンドして価値を高める製茶業界の言葉「合組」で、円と六角を組み合わせたロゴは、人の心と六画の米をイメージしたデザインと説明を受け、再び試食。
    「おかずがあってもなくてもいける、ちょうどいい味。家でおかずを作らないから、お米がおいしいのは本当にありがたい」と、絶妙な味わいを評価しながらも「『ごうぐみ』は認めない。味は本当においしいけど、名前はひどい」と辛口コメント。しかし「いいものは、最初は拒否されやすい。ヒット商品やロングセラーは拒絶反応があるもの。これは、何かがあるに違いない」とフォローし、「ずっと見ているとかわいくなってくる。味がいいからぜひ1回、買ってほしい」と呼び掛けた。

    公式サイト:
    https://www.hokkaido-kome.gr.jp/