loading...
MENU

日本郵政 オリンピック聖火リレーの サポーティングパートナーに

    2019/09/03

    日本郵政
    オリンピック聖火リレーの
    サポーティングパートナーに

    日本郵政は9月2日、東京2020組織委と契約を締結し、東京2020オリンピック聖火リレーサポーティングパートナーに決定した。

    同聖火リレーのスポンサーシッププログラムは、プレゼンティングパートナー、サポーティングパートナー、アソシエーティングパートナーの3階層からなる。
    組織委は、パートナー各社とともに、聖火リレーをこれまで以上に世界中のファンや選手にとって忘れられない特別なイベントにする、としている。

    長門正貢社長は「当社の使命は、東京大会の喜びや熱気、未来への期待を東京から日本中に広げること。全国に張り巡らされた郵便局ネットワークを活用し、郵便事業を通じてオリンピック聖火リレーのコンセプト実現に貢献する」と発表。

    組織委の森喜朗会長は「121日間をかけた日本全国を行脚するリレーの成功のため、まさに日本全国に存在する郵便ネットワークで、一人でも多くの皆さんと触れ合いながら、大会機運が醸成されることを期待する」とコメントした。

    東京オリンピックの聖火は、2020年3月12日にギリシャの古代オリンピックの聖地・オリンピアンの太陽光から採火される。聖火は同月20日に、宮城県の航空自衛隊松島基地に到着し、宮城・岩手・福島の3県で各2日間「復興の火」として展示される。
    その後26日に福島県を出発し、開会式が行われる7月24日まで移動日を含む121日間をかけて全国を回る。

    オリンピック聖火リレー公式サイト
    https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/