loading...

    2021/03/26

    電通の眞鍋亮平氏が、「2020年クリエイター・オブ・ザ・イヤー」を受賞

    電通のグループ・クリエーティブ・ディレクターである眞鍋亮平氏が、一般社団法人日本広告業協会(以下「JAAA」)主催の「2020年クリエイター・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことが発表された。
        
    同賞は、JAAA会員社の中で2020年に最も優れたクリエイティブワークを行ったクリエイター個人を表彰するもので、1989年の設立以来、今年度で32回目を迎える。クリエイター・オブ・ザ・イヤーが電通から選出されたのは、今回で30回目。

    眞鍋氏は、2020年というかつてない不安に包まれた特別な年において、多くの人々に勇気や希望を与えるポジティブなクリエイティブワークを展開し、時代を象徴するニューノーマルなコミュニケーションとしてスピード感をもって対応したことが評価された。

    また、今回9名が選出された「2020年 クリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト」に、電通の志村和広氏(第4CRプランニング局/クリエーティブ・ディレクター)も選出された。

    「2020年クリエイター・オブ・ザ・イヤー」受賞。電通のグループ・クリエーティブ・ディレクターである眞鍋亮平氏

    ■眞鍋 亮平(まなべ・りょうへい)
    株式会社電通 第5CRプランニング局
    グループ・クリエーティブ・ディレクター

    【受賞コメント】
    歴代受賞者の方々に憧れていて、でも手が届かないと思っていた賞なので、とても光栄です。クライアントの皆さま、チームの仲間たち、育ててくれた先輩、同期や後輩たち、たくさんの方々のおかげです。広告クリエイティブは面白く、一生かけて探究したい奥深い仕事だと最近あらためて思います。培った筋力を生かせれば、役立てる領域が広がっていることを実感しています。この苦しい時代に、少しでも世の中を明るくできるように。謙虚に、日々学びながら、邁進していきます。
     
    【主なクリエイティブワーク】
    ■ 大塚製薬 ポカリスエット2020 「ポカリNEO合唱」「2020年クリエイター・オブ・ザ・イヤー」を受賞。電通の眞鍋亮氏の主なクリエイティブワーク。大塚製薬株式会社 ポカリスエット2020 「ポカリNEO合唱」
    「2020年クリエイター・オブ・ザ・イヤー」を受賞。電通の眞鍋亮平氏の主なクリエイティブワーク。大塚製薬株式会社 ポカリスエット2020 「ポカリNEO合唱」

    ■ アシックス 「ぜんぶ、カラダなんだ。」「ASICS FIRST RUN」
    「2020年クリエイター・オブ・ザ・イヤー」を受賞。電通の眞鍋亮平氏の主なクリエイティブワーク。株式会社アシックス 「ぜんぶ、カラダなんだ。」「ASICS FIRST RUN」
    ■ NewsPicks Studios Chief Creative Officer
     経済トークバラエティ番組 「OFFRECO.」
     ニューズピックス 「NewsPicks NewSchool」
    「2020年クリエイター・オブ・ザ・イヤー」を受賞。電通の眞鍋亮平氏の主なクリエイティブワーク。株式会社NewsPicks Studios Chief Creative Officer

    新規CTA
    新規CTA