loading...

    2021/04/21

    電通グループがグローバル横断組織「dentsu health」を設立

    電通グループは、ヘルスケア領域のビジネスとマーケティングに関わる統合ソリューションの提供に特化したグローバル横断組織「dentsu health」を発足したことを発表した。
    電通グループ ニュースリリース

    電通グループは、ヘルスケア領域のビジネスとマーケティングに関わる統合ソリューションの提供に特化したグローバル横断組織「dentsu health」を発足したことを発表した。


    電通グループグローバルネットワークにおいて2,000名を超えるヘルスケア領域ビジネスとマーケティングのスペシャリストのノウハウを結集し、電通グループが事業を展開する国内・海外全ての地域にまたがるサービスを提供することで、トップレベルのグローバル・ヘルスケアエージェンシーとなることを目指す。dentsu healthは、ヘルスケア領域に特化したワンストップの窓口となり、各国国内の顧客のみならず、世界を代表する製薬、医療機関、医療機器や保険などの顧客ニーズに応えていく。

     近年、ヘルスケア領域のビジネスおよびマーケティング支援に関する顧客からの要望は増加傾向にあり、コロナ禍においては顕著に増加。dentsu healthは、全世界64,000人のプロフェッショナルを擁する電通グループが掲げる「Open Teaming」の理念の下、Global Center of Excellence(グローバル・センター・オブ・エクセレンス:グループ内のヘルスケア領域の知見を一元的に集約する機能を持つ組織)として、この成長領域でのサービス強化に取り組むことを目的に発足。dentsu healthは今後、世界各国で提供し、高度化してきた、ヘルスケア領域におけるメディア、クリエーティブ、CX、ストラテジー、アナリティクス、テクノロジー、顧客管理のサービスを、顧客企業それぞれに最適な形で統合し、提供していく。

    dentsu healthのGlobal President(グローバル・プレジデント)には、Matt McNally(マット・マクナリー)が就任し、グローバルハブをリードしながら顧客への新たなビジネス機会の創出に注力。McNallyはヘルスケア領域マーケティング全般における深い経験と造詣を持ち、北米において代表的なメディカルマーケティング専門誌MM&Mからは「Agency Marketer of the Year」に、PharmaVoice誌からは「ライフサイエンス領域で最も影響力を持つ100人」に選定されるなど、ヘルスケア領域のイノベーション創出の先駆者として高い評価を得ている。

    電通グループのヘルスケア領域において北米に次ぐ事業規模を持つ日本においても、電通ジャパンネットワーク(DJN)の傘下に横断組織としてのdentsu healthを発足させ、電通、電通デジタル、電通アイソバー(2021年7月より電通デジタルに統合予定)、電通メディカルコミュニケーションズを中核企業と位置づけて活動を開始。DJN各社間および海外グループ会社間でシームレスにケイパビリティを連携、拡張させていくことで、ヘルスケア事業に関わる顧客に対し、統合ソリューションを提供していく。


    ■dentsu healthウェブサイト
    https://www.dentsu.com/us/en/dentsu-health (英語のみ)

    新規CTA
    新規CTA