loading...

    2021/09/27

    高崎卓馬(文)と黒井健(絵)による絵本「まっくろ」発売

    子どもの想像力をテーマにした約20年前のCMから生まれた、高崎卓馬(文)と黒井健(絵)による絵本『まっくろ』(講談社)が9月24日に発売された。

    高崎卓馬(文)と黒井健(絵)よる絵本『まっくろ』(講談社)
    AB判、36 ページ、定価:1760 円(税込)

    何枚も何日も画用紙を黒くぬりつぶし続ける男の子。
    ついに手をとめたときに、うまれたものは......?

    【書籍の内容】 
    2002年、あるCMを見た絵本作家の黒井健さんは、ぐっと心をつかまれました。机に向かって、くる日もくる日も 画用紙を黒くぬりつぶす男の子の姿。いったいこの子のなかでは何がおきているのか?
    その衝撃から約 20 年。アジア太平洋広告祭グランプリ、カンヌ国際広告祭銀賞、クリオ賞銅賞、ニューヨーク ADC賞銀賞などを受賞した、高崎卓馬さんによる CM「imagination/クジラ 子供から創造力を奪わないでください」 (当時、公共広告機構)を原案に、歳月をかけて挑んだ絵本ができあがります。

    【著者コメント】
    20年も前のコマーシャルに、
    新しい命が吹き込まれた。
    絵本作家の黒井健さんの
    長い長い試行錯誤は、
    それぞれのページで
    構図や表情や紙の質感に
    やさしさをにじませる。
    たくさんのひとに
    時をこえて
    とどきますように。
    どこかで誰かを
    そっと救いますように。


    文・高崎卓馬......1969年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。クリエーティブ・ディレクター/CM プランナー。JAAA クリエイター・オ ブ・ザ・イヤーを 2 度受賞するなど、国内外の受賞多数。著書に『はるかかけら』『表現の技術』『オートリバース』『面白くならない企画はひ とつもない 高崎卓馬のクリエイティブ・クリニック』など。

    絵・黒井健......1947 年、新潟県生まれ。新潟大学教育学部卒業。主な絵本作品に『ごんぎつね』『手ぶくろを買いに』『あのね、サンタの国ではね・・・』「ころわん」シリーズ、「けんちゃんとあそぼう」シリーズなど、画集に『雲の信号』(偕成社)、『SWEET TIMES』(小 学館)などがある。2003 年山梨県の清里に「黒井健絵本ハウス」を設立。
     

    新規CTA
    新規CTA