電通、ブラジルのOOH専門の広告会社「OOHプラス社」の株式100%取得で合意

    2014/12/12

    電通、ブラジルのOOH専門の広告会社「OOHプラス社」の株式100%取得で合意

    電通(の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は本日付(ブラジル時間11日)で、ブラジルのOOH領域(Out of Home Media:屋外/交通広告)を専門とする広告会社「OOH Plus Participações Ltda」(以下「OOHプラス社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意した。

    OOHプラス社は2010年に、OOH領域を専門とする3つの広告会社(Plusmedia Serviços de Marketing Ltda<1995年設立>、OOH Communicação Ltda<2005年設立>、2S Produções de Eventos Ltda<2007年設立>)を統合する持株会社として設立され、現在、独立系のOOH広告会社としてはブラジル最大の規模を誇っている。

    他の多くのOOH広告会社が広告枠の確保を中心に行っているのに対し、OOHプラス社はデジタルOOHを含むOOH広告の戦略プラニングから広告制作、広告枠の確保から出稿に至るすべての広告コミュニケーション・サービスをワンストップで行えることに強みを持ち、顧客から高い評価を得ている。

    ブラジルにおける電通グループは現在、総合広告会社ブランドとしてDentsu Brazil、NBS、mcgarrybowenを、デジタル領域のサービスを提供するブランドとしてiProspect, Isobar、LOV、Amnet、Copernicusを展開している。従来、OOH領域は総合広告会社で取り扱っていたが、今回の買収により、OOH領域を格段に強化することが可能になる。

    なお、買収前にOOHプラス社は、存続会社をPlusmedia社とするグループ内再編を行っている。その上でPlusmedia社の社名をPlusmedia Posterscope(プラスメディア・ポスタースコープ)に改名し、電通グループのグローバル・ネットワーク・ブランドのひとつでOOH領域を専門とするPosterscope(ポスタースコープ)のネットワークに組み込み、南米に展開するグループ各社と連携・協業しながら更なる事業拡大とブランド力の向上を目指す。この買収により、電通グループのブラジルでの従業員数は1,400名、顧客は100社を超える規模となる。

    【OOHプラス社の概要】
    社  名  : OOHプラス社(OOH Plus Participações Ltda)
    本社所在地 : ブラジル・サンパウロ市とリオデジャネイロ市
    設  立  : 2010年8月
    株主構成  : 電通イージス・ネットワーク 100%(取得後)
    売上総利益  : 15,715,000ブラジル・レアル(約7.4億円)(2013年12月期)
    代 表 者  : Marco Antonio de Souza(共同創業者兼CEO)
            Omar Sahyoun(共同創業者兼CFO)
    従業員数  : 60名
    事業内容  : OOH領域を中心とした広告コミュニケーション・サービス

    電通ニュースリリース
    http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/1212-003901.html