loading...
MENU

日本のことを好きな国は?

ジャパンブランド調査2018~「訪日者向けビジネス」へのサジェスチョン~No.1

2018/07/31

日本のことを好きな国は?

訪日観光客数は年々増加し、2017年には過去最高となりました。

さらに、2019年にはラグビーワールドカップ、2020年は東京オリンピック・パラリンピック、2021年はワールドマスターズゲームズ関西と「ゴールデン・スポーツイヤーズ」を迎えます。

この一大スポーツイベントをきっかけに訪日外国人がさらに増え、行政、自治体、各企業での取り組みもより活発になることが予想されます。そんな中、日本は世界からどう映っているのでしょうか。

どこの国や地域で、日本の何を目的に訪日意向が高まっているのか? また、“メード・イン・ジャパン”は、今どのような評価を得ているのか? 電通の「チーム・クールジャパン」は18年1~2月、世界20カ国・地域で「ジャパンブランド調査2018」を実施しました。

本連載では今後の訪日者向けビジネスのキーポイントとなる調査結果を紹介していきます。第1回は「日本への好感度」です。

Q 日本のことが好きですか?

 

A アジア圏の4カ国では97%の人が好きと回答。各国、伸びしろがあり、それぞれに合わせたアプローチができるかがカギ。

グラフ1 日本への好感度ランキング

台湾は一昨年・昨年と連続してポイントを伸ばし、今年堂々の1位となりました。同率1位のタイ・フィリピン・ベトナムはここ数年高ポイントが続いています。

全体的にアジアを中心に日本の好感度は高く、特にASEANで高い傾向にあります。

ちなみに、ランク外で伸び率が高かったのはカナダで、66.7%の人が日本に好感を抱いていると回答。17年は62.5%だったのですが、今年は4.2%もアップしました。

日本政府観光局(JNTO)の「訪日外客数※」でもカナダは経年して人数が増えており、日本への好意度と訪日外客数は比例していることがうかがえます。

※日本を訪れた外国人旅行者の数のこと。
 

ひと言に好感度が高いといっても、各国、行ってみたい都道府県や地方で体験したいもの購入したいものなどは異なります。

訪日外客数は年々増加傾向にあることから、それぞれに合ったアプローチをすることで、日本への好意度をさらに上げるだけでなく、訪日意向度へもつなげることができるのではないでしょうか。


ジャパンブランド調査2018の概要
●目的:日本の食や観光、日本産品など「ジャパンブランド」全般に関する海外消費者の意識と実態を把握し、企業のマーケティング活動を支援。
●対象エリア:20カ国・地域
中国(グループA=北京、上海、広州、グループB=深圳、天津、重慶、蘇州、武漢、成都、杭州、大連、西安、青島)、香港、台湾、韓国、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ(北東部・中西部・南部・西部)、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア
※東アジア(中国、香港、台湾、韓国)
※ASEAN(シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン)
●調査手法:インターネット調査
●対象者条件:中間所得層以上の20~59歳男女
※「中間所得者層」の定義:OECD統計などによる各国平均所得額、および社会階層区分(SEC)をもとに各国ごとに条件を設定
●サンプル数:中国はA・B300人ずつ計600人、アメリカは600人、それ以外の地域は各300人合計6600人
●調査期間:2018年1月12日~2月16日

電通 チーム・クールジャパン
日本の文化や強みを生かした商品・サービスを海外市場に展開していく「クールジャパン関連事業」推進のために発足した電通の全社横断プロジェクトチーム。海外展開するクライアント企業の担当者やメディア・コンテンツ担当、海外の現地法人ネットワーク担当、プロデューサー、プランナーが集まり、魅力的な日本を世界に打ち出していく取り組みを行っています。