カレッタ汐留に共創がテーマの「cotas studio」オープン

    2014/06/06

    カレッタ汐留に共創がテーマの「cotas studio」オープン

    電通とインフォバーンが共同運営するオープンイノベーション情報サイト「cotas」(コタス、cotas.jp)が6月4日、東京・港区のカレッタ汐留に、サテライトスタジオをオープンした(30日まで)。

    cotas studio

    cotasとは、オープンイノベーションをはじめとする、人々のボーダーレスな参加がもたらす、モノやサービスの新しい価値づくりをテーマとするメディア。サイトの2周年を記念して期間限定で設置された同スタジオでは、展示、セミナー、ワークショップなどを通して、最新のコ・クリエーション(共創)に触れることができる。
    cotasはシンポジウム、コ・クリエーションアワードなどのオープンなイベントを随時開催し、ファンから生の刺激を受けることで自らの活性化と新たな共創を促している。
    今回のcotas studioもオープンな場として無料で誰でも入場することができ、cotas初心者からファンまでさまざまな人々のリアルなコミュニケーションから、イノベーションの種が生まれることが期待される。

    cotas studioパーティ cotas studio受付 cotas studio展示
    6月3日には同スタジオで
    オープニングパーティが開かれた。
     
    コ・クリエーションの事例の
    製品を展示

     

     
     

    cotas studio

    主催:電通/インフォバーン
    期間:6月4日(水)~6月30日(月)12:00~18:30(無休)
    会場:カレッタ汐留(東京都港区東新橋1-8-2)B2階 アド・ミュージアム向かい
    入場料:無料