loading...

ワールドマスターズゲームズ  熱狂の2017大会、そして4年後は関西へ

    2017/06/30

    ワールドマスターズゲームズ 
    熱狂の2017大会、そして4年後は関西へ

     

    「生涯スポーツの祭典」として、4年に1度行われるワールドマスターズゲームズ(WMG)。第9回大会が4月21〜30日、ニュージーランド・オークランドで行われた。世界各国のスポーツ愛好家が集うこのビッグイベント、実は4年後に日本の関西エリアで開催することが決まっている。10日間の熱狂の様子と日本人の活躍、さらには次大会へ向けた動きをピックアップする。

    ワールドマスターズ 開会式

    4月21日に幕を開けた、17年のWMG。開会式が行われたイーデンパークには、多数の参加者が足を運んだ。式では、バスケットボールに出場するニュージーランドのモニカ・マーキュリーさんがスピーチ。同国の先住民・マオリの血を引く彼女は、民族衣装に身を包んで大役を果たした。

    開会式

    華やかなライトアップと演出で大きく沸いた開会式。それを合図に、生涯スポーツの祭典はスタートした。WMGは、原則30歳以上であれば誰でも参加できる。高齢者を含むさまざまな年齢の人がスポーツを楽しんだ。陸上競技では、101歳のインド人女性、マン・カウアーさんが四つの金メダルを獲得。また、かつてのオリンピック王者と一般スポーツ愛好家が対戦する場面も見られた。スペシャリストだけでなく、ビギナーが盛り上がれるのもこの大会の魅力だろう。

    ワールドマスターズ 101歳マラソン

    ニュージーランドの国技であるラグビーをはじめ、メジャーな競技は大きな盛り上がりを見せた。それだけでなく、バラエティーに富んだ種目が並ぶのも大会の特徴。浜辺にフラッグを立て、スタートとともにダッシュして取り合う「ビーチフラッグス」など、ライフセービングの盛んな同国ならではの種目もあった。また、大会中には競技者が対象の仮装パーティーも開催。観光を楽しむ人たちも多数見られた。

    ラグビー プレー写真

    4月30日、この日の閉会式をもって大会は幕を閉じた。100カ国以上から約2万8000人が参加した祭典は、4年後の関西大会へとバトンタッチ。閉会式では、大会旗を受け取った森詳介・組織委員会会長がスピーチ。「さあ、今から関西大会の予定をカレンダーに書き込んでください。そして、2021年に向けたトレーニングを始めてください」と呼び掛けると、会場は大歓声に。オークランドの熱気は、そのまま4年後の関西へとつながっていく。


    4年に1度、「楽しむ」スポーツの祭典

    オークランド大会で見られた、関西のPRや日本人の活躍。大会を彩ったさまざまな“日本”のシーンを振り返る。4年後へ関西PRブースが登場2021年の開催へ向けて、次大会や関西エリアの見どころを発信する「関西PRブース」が4月16〜30日に選手登録会場となるクイーンズワーフエリアに設置された。舞台となる関西の2府6県、4政令都市の情報を発信するとともに、折り鶴の体験や桜のパネルを使った写真撮影など、日本の文化も紹介。

    関西PRブース 鏡割り
    関西PRブース 会長ご挨拶

    4月22日には、関西大会のPRイベントを実施。鈴木大地スポーツ庁長官や、兵庫県知事で関西広域連合長の井戸敏三・組織委会長らが鏡開きを行った。さらに、訪れた人たちに振る舞い酒を行うなど、日本の文化もアピール。オークランドの舞台から、世界各国の人々に「関西」を印象付けた。イベントでは森会長があいさつ。4年後への意気込みを語った。関西大会の会場を大きなパネルで掲示。映像やパンフレットも使い、スタッフが来場者に関西エリアの魅力を紹介した。

    日本人もさまざまの形で「楽しむ」

    約380人の日本人が参加したオークランド大会。10キロマラソンでは、鈴木大地スポーツ庁長官がエントリーした。完走後には「もともと水泳選手の私が、陸上競技にチャレンジしたことにマスターズの面白さや良さがある」とコメント。

    鈴木長官10キロマラソン

    日本人のメダリストも相次いだ。金メダル第1号となったのは、10キロマラソン60〜65歳の部で優勝した曽野政男さん(63)。さらに、ウエイトリフティング男子50〜54歳の部、69キロ級では武井澄男さん(55)が優勝。モスクワオリンピックの金メダリストを破る大金星だった。その一方で、ビギナーたちも日本から多数参加。オークランドの地で、純粋にスポーツを楽しむ姿が見られた。

    日本人金メダル1号

     

    ウエイトリフティング金メダル

    閉会式では同大会チェアマンのジョン・ウェルズ氏から森詳介・組織委員会長に、大会旗が手渡された。さらにニュージーランドの伝統工芸である木製のパドルが森会長に手渡された。鈴木長官は、4年後に向けて「自分が得意でなくても『好きなスポーツに参加していいんだ』と思っていただきたい」と話した。

    閉会式 パドル授与

    さあ! 次回2021年は関西だ!

     

    2021年ワールドマスターズゲームズ関西 ロゴ

    ワールドマスターズゲームズ2021関西アジア初の大会として2021年5月15〜30日の16日間に開催される。参加者数は5万人を見込んでおり、国内3万人、国外2万人ほどを想定する。誰でもエントリーできることが最大の特徴であり、大会への参加意識が高まることで、国民のライフスタイル向上や健康促進への寄与も期待される。

    32競技55種目が行われる予定。陸上競技や水泳、サッカーや野球といった国際的なメジャースポーツはもちろん、綱引のような競技もある。さらに柔道や空手道、オリエンテーリングやダンススポーツなど、競技は非常に幅広い。

    多岐にわたる種目を、関西エリア全域の施設を使いながら展開していく。開会式の行われる京都府や、閉会式の場所となる大阪府といった関西地方はもちろん、鳥取県や徳島県でも競技を実施予定。広域で連携しながらの大会となりそうだ。

    これだけ広い地域が対象となるだけに、大会期間中は競技への参加だけでなく、観光やスポーツツーリズムの面でもさまざまな取り組みが予定されている。19年のラグビーワールドカップ、20年の東京オリンピック・パラリンピックに続き、「スポーツの祭典」として行われる。国民や地域が“総参加”する「Doスポーツ」発展の大きなきっかけになる。史上最大!5万人のスポーツ愛好家が100カ国以上から集結!。

    〈 撮影:James Yang 〉

    ワールドマスターズゲームズ WMGとは
    国際マスターズゲームズ協会(IMGA)が主催する、生涯スポーツにおける世界最高峰の国際競技大会。オリンピック・パラリンピック同様、4年に1度開催されており、原則30歳以上のスポーツ愛好者であれば、誰でも参加できる。年齢ごと、また競技によってはレベルごとにクラスが分かれるため、各セクションで勝者になれるチャンスがある。第1回大会はロサンゼルスオリンピックの翌年、1985年にカナダのトロントで行われた。第9回のオークランド大会では、48会場で28競技45種目を実施。約2万8000人の参加者のうち、日本人は約380人だった。次回の第10回大会は、アジア初となる関西エリアで実施される。