loading...

Dentsu Live Presents パノラマトーク#06 「清川あさみと舘鼻則孝のアートな日常、そして人生。」開催

    2017/08/07

    Dentsu Live Presents パノラマトーク#06
    「清川あさみと舘鼻則孝のアートな日常、そして人生。」開催

    電通ライブは9月4日、東京・銀座の複合商業施設「GINZA PLACE(銀座プレイス)」の3階「common ginza(コモンギンザ)」でトークイベント「パノラマトーク#6『清川あさみと舘鼻則孝のアートな日常、そして人生。』」を開催する。

    パノラマトークは、「銀座から世界へ、つくる人と共につくろう!」をテーマに、2017年4月から同所で定期開催しており、さまざまな分野の「つくる人」をフィーチャーし発信していくもの。

    第6回は、アート作品や写真に針と糸で繊細な表現を施し、絵本やプロダクト、空間デザインもつくる清川あさみ氏と、芸大卒業制作のヒールレスシューズをレディー・ガガが採用したことで一躍世界的に注目され、最近は文楽の舞台を監督、レストランの建築空間まで手掛ける舘鼻則孝氏がゲスト。二人でアートな人生について語り合う。

    なお、トークイベントの様子は電通ライブホームページで後日公開される。

    清川あさみ氏
    清川あさみ氏
    舘鼻則孝氏
    舘鼻則孝氏

    <パノラマトーク#06概要>

    ●テーマ:清川あさみと舘鼻則孝のアートな日常、そして人生。
    ●日時:2017年9月4日(月)18:30開場 19:00開演 21:00終了予定
    ●場所:GINZA PLACE 3階 common ginza (東京都中央区銀座5-8-1)http://ginzaplace.jp/commonginza/
    ●入場料:1000円(税込み・ワンドリンク付き)
    ●定員:110人(一部スタンディング席)※全席自由
    ●申し込み・イベント詳細はこちら 

    <出演者プロフィール>

    清川あさみ氏のプロフィール
    淡路島生まれ。2001年に初個展。03年より写真に刺しゅうを施す手法を用いた作品制作を開始。水戸芸術館や東京・表参道ヒルズでの個展など、展覧会を全国で多数開催。 代表作に「美女採集」「Complex」シリーズ、絵本『銀河鉄道の夜』など。作家・谷川俊太郎氏との共作絵本「かみさまはいる いない?」が 2 年に1 度のコングレス(児童書の世界大会)の日本代表に選ばれている。 「ベストデビュタント賞」受賞、VOCA 展入賞、「VOGUE JAPAN Women of the Year」受賞、ASIAGRAPHアワード「創(つむぎ)賞」受賞。16年度後期のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」ではタイトルオープニング映像やポスターをディレクション、制作をトータルで手掛け話題に。9月9日〜10月28日、福島で開催される「重陽の芸術祭」にて新作を展示。広告・空間などのアートディレクターとしても活躍中。

    ■舘鼻則孝氏のプロフィール
    1985
    年、東京生まれ。歌舞伎町で銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。シュタイナー教育に基づく人形作家である母の影響で幼少期から手でものをつくることを覚える。東京藝術大学では絵画や彫刻を学び、後年は染織を専攻する。遊女に関する文化研究と共に日本の古典的な染色技法である友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。近年はアーティストとして、国内外の展覧会へ参加する他、伝統工芸士との創作活動にも精力的に取り組んでいる。2016年3月には、仏カルティエ現代美術財団にて文楽の舞台を初監督し「TATEHANA BUNRAKU : The Love Suicides on the Bridge」を公演した。作品は、ニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンのビクトリア&アルバート博物館など、世界の著名な美術館に永久収蔵されている。9月29日には、自身が初めて建築空間を手がけたレストラン「COURTESY(コーテシー)」が赤坂インターシティAIRにてグランドオープンを迎える。