loading...

    2020/01/22

    基礎から最新の用語を網羅「『デジ単』デジタルマーケティングの単語帳」発売(動画あり)

    電通デジタルの企画書籍「『デジ単』デジタルマーケティングの単語帳 イメージでつかむ重要ワード365」(発行:翔泳社)が1月22日に発売された。

    「『デジ単』デジタルマーケティングの単語帳」書影
    304ページ、1680円+税、ISBN:978-4-7981-6069-6

    デジタルマーケティング業務に携わる中で頻出する専門単語は、略語やカタカナ語が多く苦手意識を持つ人が多い一方で、単語にフォーカスし効率的な学習が可能な教材が見受けられないのが現状。同書は、デジタルマーケティングの全領域において統合的なソリューションを提供する電通デジタルのノウハウを生かした企画となっており、デジタルにおける広告用語をはじめソリューションや業界まで、マーケティング全般にわたりまとめている。デジタルマーケティングに関わるあらゆる人に向けて、基礎から最新の用語を多方面から網羅している。

    【本書のポイント】
    ・デジタルマーケティングの頻出単語をシンプルに解説
    ・イラストを見るだけでもイメージがつかめる
    ・似た単語の意味の違いや、使い分け方もフォロー
    ・索引つきで単語や同義語を探しやすい
    ・英語表記もあるので、海外サイトを読むときや出張にも便利


    【著者紹介】
    ■著者:村山 亮太(むらやま・りょうた)
    株式会社VOYAGE GROUP
    社長室室長

    2010 年電通入社。運用型広告のプランニングと運用業務に従事し、電通PMP(プライベート・マーケットプレイス)の構築や、デジタル広告×ブランディングにおけるソリューション開発を担当。2018 年から電通デジタルに出向し、デジタル広告配信におけるアドベリフィケーションへの取り組みにも注力。アドベリフィケーション推進協議会が行う広報活動支援や、「Premium Viewインストリーム動画広告」「Premium Audio広告」「Premium DOOH 広告」のサービス開発を担当。また、ブロックチェーン技術を活用した広告ビジネスにおける新規事業開発も「電通ブロックチェーンコミュニティー」を通じて模索している。2019 年3 月からVOYAGE GROUP で現職。

     

    ■イラスト担当:糸乘 健太郎(いとのり・けんたろう)
    株式会社電通デジタル
    アドバンストクリエーティブセンター アートディレクター

    2001 年電通入社。2018 年から電通デジタルに出向しデジタル広告を学んでいる。これまでアートディレクターとして様々な広告を作りつつ、ポイントサービスPonta の「ポンタ」、テレビ東京の「ナナナ」、首都高速道路株式会社の「Mr.ETC」などのキャラクターデザインを手がける。またフリーペーパーR25 で「キメゾーの決まり文句じゃキマらねえ」の漫画連載、パンクロックバンド「忘れらんねえよ」のアートディレクションなど広告以外でも幅広く活動中。