loading...

伝え方研究のススメ ~テレビ局がニュースサイトを運営する理由~

テレビ報道のこれから №1

  • 大崎 孝太郎
  • 清水 俊宏
  • 寺 記夫

2017/06/21

伝え方研究のススメ ~テレビ局がニュースサイトを運営する理由~

フジテレビは5月24日、ニュースメディア「ホウドウキョク」のアプリをリリースしました。

ニュース映像のライブ配信をはじめとして、短時間でまとめたクリップ動画、現場を360度で見ることのできるVR動画、さらにはテキスト配信や記者や専門家による記事解説など、さまざまなコンテンツが日々配信されています。テレビ局がニュースサイトを運営し、さらにはアプリもリリースしたその先に、一体何を目指しているのでしょうか?

アプリのプロモーション戦略を手掛けた電通の大崎孝太郎さんが、ホウドウキョクを担当するフジテレビの清水俊宏さん・寺記夫さんと、“テレビ報道のこれから”について語り合った鼎談を2回に分けてお送りします。

放送局としてのコンテンツを再生成するという行為

 

大崎:初めに、テレビ局という企業体でありながら、新規事業としてウェブ版のニュースサービスを展開した経緯を聞かせてください。

電通 大崎氏
 

清水:私も立ち上げメンバーとして参画したのですが、ホウドウキョクは2015年4月に24時間のライブストリーミングサービスとして、FOD(フジテレビオンデマンド)とスマホ向け放送局「NOTTV」で配信する形でスタートしました。

24時間コンテンツを出し続けないといけないので、出演者がいなくて私自身がスタジオに入ることもありました。いろいろな番組を担当してきましたが「24時間テレビ」を少人数で毎日放送するなんて経験は初めてでした(笑)。

しかし、途中でNOTTV自体がサービスを終了することが決まったんです。そのときに、ホウドウキョクとして今までのように24時間出し続けるのか?というのを改めて考え直すことになりました。

そこで、アメリカのネットサービスを視察するなどして検討を重ね、昨年10月24日、それまでのライブ配信だけにとどまらず、オンデマンド動画やテキスト、インフォグラフィックス・VRなども取り入れた、見たいときに見たいものを届けるニュースサイトとしてリニューアルをしました。

24時間のライブストリーミングサービスというインフラは堅持しつつ、24時間流しているけれど、新しい情報がないときまで無理やり24時間作り続けなくてもいいよねということで、リピート配信なども織り交ぜながら、今の形態にしています。

結果として、なかなかまねのできない独自のニュースサービスを実現できているんじゃないかなと思っています。

フジテレビ 清水氏

大崎:放送局にとって「放送波」で流す報道番組がある中で、それとは別に「ネット」でも報道ニュースを共存展開することに対して、会社全体で見ると事業としてのカニバリズムがあるのではないかという社内議論はありませんか。

 

寺:カニバリのことは特に問題になっていなくて、むしろ連携が進んでいるという感じです。例えば「ユアタイム」で放送した内容を、翌日には記事にしてスマホで読める形にして配信しているんですが、これはいわゆる「コンテンツの再生成」という行為で、これからのテレビとネットの連携でとても重要な視点になってくると思っています。

テレビ放送に適した形では一回出したけれど、そのコンテンツをスマホに適した形にして、もう一度再生成して出す、というところに意味があるという考え方でやっていて、むしろ前進しているという感覚なんですよね。

フジテレビ 寺氏
 

清水:手前みそな話ですけど、当社は踊る大捜査線などの映画をヒットさせていますが「映画はテレビドラマとカニバっているからやめるべきだ!」なんて言う社員はいません。

映画を見てくださる方も、ドラマを見てくださる方も、どちらもわれわれのお客さんです。初めに映画を見て、面白かったからドラマを見たという方もいれば、元々ドラマが好きだったから映画館に行ったという方もいて、それぞれがシナジーを生み出してきたわけです。

それと全く同じ構造で、フジテレビのテレビニュースを見て下さる方も、ホウドウキョクでニュースを見てくださる方も、どちらもわれわれのお客さんで、カニバるどころか、互いにプラスにしか働かないんですよね。

大崎:ニュースをすみ分けて発信するとか、テレビ放送とホウドウキョクで編成を分けるというような、社内での事前の擦り合わせはあるのでしょうか?

清水:報道本体のチームとは常に意見交換と定期的なミーティングをしていますが、地上波でこの時間にこのニュースやるから、同じ時間にホウドウキョクではやるな、みたいな不毛な議論はありません。むしろ、双方で共存しようとしています。

例えばフィリピンのドゥテルテ大統領のインタビューを1時間撮れたんだけど、地上波だと10分にまとめなければいけなくて、他の部分を捨てるのはもったいないから、1時間全編を配信してほしいといった具合で、お互いの特徴を生かそうとしています。

寺:ネット上でも、1次情報は他のテレビ局や新聞社、時事通信などの通信社が配信しています。われわれとしては、ソーシャルメディアを中心にネット上での存在感を出していきたいと思っているので、1次情報を出すだけでは全然ダメで、解説を加えた情報、すなわち「1.5次情報」を適切なタイミングで出していくことが重要だと考えています。

ホウドウキョクでは発生したニュースに対してすぐさま解説委員や記者が「そもそも」「〜とは」といった解説を加え、ユーザーに分かってもらえる状態に加工して配信するという感覚を大事にしています。

 

清水:「分かってもらえる状態に加工」という点では、たとえば安倍首相と蓮舫代表の党首討論のやりとりを、若者向けにLINE風に加工して配信したりもしました。ニュースをより深く知りたい人に向けては動画もありますし、全文掲載をしたテキスト記事も作っていますが、若い層ではLINEのトーク仕立てで見る方が、読みやすいし、理解できることもあるだろうと考えました。

大崎:ウェブユーザーならではの行動、趣向などを考慮して放送の1次情報を1.5次情報に変換して届ける、それにはスピードが肝となります。人的経営資源や情報リサーチ力、ニュース運営ノウハウを活用できる放送局の強みがあるからこそスピーディーに実現できているということでしょうか。ホウドウキョクに関わるスタッフは、テレビ放送の報道担当者が主体となっているのでしょうか?

清水:ホウドウキョク専属のスタッフは決して多くないのですが、1次情報を出してくれるのは、テレビ放送の報道担当の人間全員です。100人くらいの記者・解説委員が原稿や情報を出してくれる体制になっていて、新しいニュースをより早く出すことが実現できています。

社内の意識も変わってきています。以前は、テレビで流したものをそのままネットで流しておけばいいという人も実際にいました。テレビで放送した内容を一文字も変えずに流せ、というものです。

でも、キャスターが読んだ原稿を、仮に全部テキストで起こしたとしても、それはテレビ放送用のテンポに合わせた、映像ありきの文字なので、テキストだけで読んでも全然面白くありません。

例えば、「ユアタイム」の放送内容をテキスト記事にする際には、タイトルも変えます。キャスターが読んでいた部分も、テキストにする場合はテキストで読みやすい形に変えますし、話の流れや順番も変えます。大事なことは、ニュースをユーザーの方々の受け取りやすい形に合わせて配信していくことです。

キュレ―ションメディアは競合なのか?

大崎:キュレーションメディアがさまざまな意味で昨今話題となっており、同種サービスが乱立しています。ホウドウキョクにとってニュースキュレーションメディアは競合になるのでしょうか?

清水:大きな意味では競合ですが、SmartNewsやグノシーに集まる多様なジャンルのコンテンツを見たいというニーズは確実にあるので、そこに集まる人がいるのは当然だと思います。

「だから駆逐せよ!」というのではなく、その場にわれわれのコンテンツも出しながら、まずは多くの人に触れてもらうことを大事にしています。ただ、われわれのコンテンツをより楽しんでもらうなら、われわれのサイトやアプリで見てもらった方が絶対に見やすくて面白いという自信があります。

1次情報を持って自分たちで加工できる方が絶対に強いし、深い表現もしていけますので。ライバルという側面もありながら、われわれのコンテンツを紹介してくれるパートナーでもあると思っています。

寺:キュレーションメディアから学ぶことはたくさんあります。メディアってある種のブランドだと思うのですが、ホウドウキョクもどうやって一人前のブランドにしていくのかとずっと考えています。

そんな中で、成功しているキュレーションメディアは、コンテンツを他メディアから借用しているというよりは、メディアブランドを確立する編集力・企画力からタイトルの付け方まで、一つ一つに軸があるから支持されていると思うんです。

ですので、敵ということではなくて、そういう優れている部分を謙虚に学ぶ姿勢がテレビ業界にも求められていると思います。インターネットサービスを甘く見ているうちに足元をすくわれるというのが、これまでの(テレビ局の)パターンでしたから(苦笑)。

大崎:ホウドウキョクでよく見られているコンテンツはどのようなものですか? テレビ報道とは違ったウェブサービスならではの特徴があれば、ぜひ教えてください。

清水:まずは、われわれの中で“半径5メートル”と呼んでいるような身近なネタですね。「突然飲みに誘わないでほしい」という若手社員のホンネ座談会とか、「セクハラと非セクハラのボーダーライン」とか。

それから、北朝鮮のニュースなどテレビの地上波でもよく見られているようなコンテンツは、やはりホウドウキョクでもよく見られます。北朝鮮の内部情報や万景峰号船内の360度映像など、他では見られないコンテンツがたくさんあるからだと思います。

また、AIの現状など最新テクノロジー系の話は、地上波ではなかなか深くやれないテーマですが、よく見られるニュースです。この前も、「スマホがなくなる日」という特集を組んだのですが、すごく見られましたね。

寺:あとは、30~40代の方々がなんとなく抱えているぼんやりとした不安などを特集で組むと、よく見られます。例えば「親が死んだらどうする?」というようなもので、これもよく見られましたね。

大崎:“ホウドウキョク”というサービス名称は、FOD(フジテレビオンデマンド)のように局名の冠が付いていないため、フジテレビのサービスかどうかが分からないと思います。フジテレビの冠を付けずにサービス名称を付けたのには意図があるのでしょうか?

清水:コンテンツに魅力があれば、フジテレビであるかどうかはユーザーにとってあまり関係がないと思っています。逆に「フジテレビの報道」という言葉に縛られて、コンテンツの幅を自分たちで狭めるようなことはしたくない。

元々、報道局長とネーミングについて議論していた時に、「とくダネ!」とか「真相報道バンキシャ!」などのように、それを聞いたら、ニュースをやっているというのがストレートに伝わるようなサービス名称にしたいという話をしていたんです。

“とくダネ”とか“バンキシャ”って、番組名が浸透してからは、元々の言葉の意味をある意味、超えてしまったと思うんです。“とくダネ”と言うだけで、テレビ番組の方を連想しますよね。それと同じように、言葉の定義自体を変えるくらいのサービスをしたいな、と。

それで、僕が「ホウドウキョクとかですかね?」とつぶやいた瞬間に、報道局長の目が輝いて、「それだ!」となったんです。片仮名にすることで、「報道局」という言葉が元来持っている「報道はこうあるべき」といった固定観念や堅いイメージを打ち壊したいと思っています。

今では報道局所属ではないけど専門性のある人間に原稿を書かせていますし、テレビの報道番組だけでなく、ネットやサイネージなどこれまで報道とは縁が深くなかった場所にもコンテンツを出していくなど、実際に“報道”という定義を変えていこうという思いで取り組んでいますね。

 

寺:僕もその名前を聞いたときは、報道を片仮名にした発想がすごいなと思いました。ハフポストやBuzzFeedを競合のひとつとしてベンチマークしているのですが、彼らのサイトはプルダウンメニューで“.uk”とか“.fr”など、国を選べるじゃないですか。

ホウドウキョクも早くそこまでたどりつきたいなと思いながら、”houdoukyoku.fr”というのを想像したりするのですが、実際にあっても全然変じゃない感じがするし、フランス人も「ホウドウホウドウ」って、喜んで言ってくれそうじゃないですか(笑)。

完全に僕の勝手な妄想ですけど。私は技術畑の人間なので、ジャーナリズムを語る立場にはないのですが、先ほど清水が言ったように、名前に込められた思いの通り、報道とはこうあるべきというのとは違う形をつくろうとは思っていますね。

 

これからのメディアには、“伝え方を研究する”ことが求められる

大崎:現時点(2017年6月時点)で他の同種サービスとの違いとして、VRをはじめとした最先端のテクノロジーをサービスに組み込む試みをしていますが、どういった経緯や意図で始めることになったのでしょうか?

清水:“取材をして伝える”というのが、これまでのメディアの一番の仕事でした。でも、トランプ大統領が自らTwitterでメッセージを発信したり、一般の方がFacebookで情報発信する方が既存メディアよりも早いという場面が普通に出てきています。

要は、取材をして伝えるだけなら、誰でもできる時代になったんです。そうなると、これからのメディアの仕事は、“取材をして伝える”にプラスして、“伝え方を研究する”ところまでをやるべきだと思うんです。今まではテレビ放送に合う取材の仕方だけをしていればよかった。

でもこれからは、テレビというデバイスでは伝えられない情報をどのように伝えられるかを考えなければいけない。例えばVRを使えば伝えられるのか、どういう時にVRを使った方がより有効なのか、を誰よりも研究して把握している必要がある。

この先、VRがどこまで発展するかは、まだ分かりませんが、でも今このタイミングで“たかがVR”をやっていないメディアは、新しいデバイスや技術が出て来た時に、何も対応できないと思うんです。ファミコンでゲームを作っていなかった人が、スーパーファミコンになって急に良いゲームを作れるかというと難しい。

ファミコンでノウハウをためた人は、Wiiが出ても、ニンテンドースイッチになっても、スマホゲームでも対応できるんです。仮にVRが世間に浸透しなかったとしても、ここで伝え方の研究をした事は、この先に必ずつながっていくと思います。

寺:VR以外での伝え方の研究という意味では、最近は、ライブストリーミングを、LINE LIVE、Facebook Live、Periscopeなどで1日1回は流しています。

じゃあ、それをどうやって技術的に実現しているのかというと、実は全然難しいことでもなくて、5万円くらいのライブエンコーダーを中野ブロードウェイにあるジャンク屋で僕が買ってきて、スタジオに設置して使っています。

そういう枯れた技術であっても使い方次第な面があるので、最新のテクノロジーだけにとらわれずに、技術的な面でもさまざまな方向から伝え方の研究をしていきたいと思っています。

清水:サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)のインタラクティブ・イノベーション・アワードの取材に行ってきたのですが、カメラは持たずにスマホで撮影するというルールを決めて行きました。

で、東京大学の学生チームがアワード受賞した映像を、実際にスマホで撮影して、地上波でも流しました。SXSWの会場には世界中のメディアが来ていたのですが、リポーターと音声さんとアシスタントがいて…なんて大人数でやっているメディアは、ほとんどいない。

いつまでも「それが当たり前」なんて思い込んでいると、世界の中で、全く競争力がなくなってしまいます。人的リソースがなくて、機動力が必要な取材環境なら、このデバイス・この人数で大丈夫!という方面からの伝え方の研究も、ホウドウキョクでもっともっとできることがあると思っています。

<了>