loading...

    2021/04/09

    オンラインセミナー「withコロナだからこそ必要な『感情のコントロール』を、ホルモン変動と脳波から考える」4月19日開催(参加者募集)

    電通サイエンスジャムが、脳波から感性を可視化する研究の第一人者である慶應義塾大学・満倉靖恵教授を招いたオンラインセミナー「withコロナだからこそ必要な『感情のコントロール』をホルモン変動と脳波から考える」を4月19日に開催。現在参加者を募集している。

    コロナ禍による様々な抑制が、感情への負荷を強めていると考えられる。そのため、自分自身の状態や気持ちを自身で把握する客観的な方法での感情のセルフチェックが必要。

    本セミナーでは、20年近く生体信号の研究に携わる満倉教授が登壇。ヒトの感情に重要な働きを及ぼすホルモン変動と脳波の関係について、そして、その計測方法について講演。満倉教授と電通サイエンスジャムが開発した脳波を活用したリアルタイム感性把握ツール「感性アナライザ」の最新事例についても紹介される。

    電通サイエンスジャムが、脳波から感性を可視化する研究の第一人者である慶應義塾大学・満倉靖恵教授を招いたオンラインセミナー「withコロナだからこそ必要な『感情のコントロール』をホルモン変動と脳波から考える」を4月19日に開催。

    【無料セミナー】
    withコロナだからこそ必要な「感情のコントロール」を、ホルモン変動と脳波から考える
    日本の医工連携を担う慶應義塾大学満倉靖恵教授が講演

    ■セミナー概要
    開催日時:2021年4月19日(月) 15:00~16:30
    形式:Zoomウェビナー
    参加費:無料
    セミナーの参加申し込みはコチラから
    ※セミナー参加申し込み後ウェビナー用URLを主催者より送付
    ※セミナー内容は変更となる場合あります。

    ■こんな方におすすめ
    ・企業の人事労務に関わり、社員の心の健康管理や生産性向上に携わっている方
    ・消費者のより深いインサイトを知り、商品開発やマーケティングに活用したい方
    ・感情に寄り添った、新しいサービスを検討している方
    ・新しい技術を使い、客観的な商品評価基準の構築を検討している方

    ■登壇者紹介
    電通サイエンスジャムが、脳波から感性を可視化する研究の第一人者である慶應義塾大学・満倉靖恵教授を招いたオンラインセミナー「withコロナだからこそ必要な『感情のコントロール』をホルモン変動と脳波から考える」を4月19日に開催
    満倉 靖恵 氏
    慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授
    慶應義塾大学医学部 精神神経科学教室 兼担教授
    株式会社電通サイエンスジャム CTO

     
    満倉研究室では医工連携に力を入れており、工学だけでも医学だけでもできない研究を行っています。特に脳波をはじめとした生体信号解析、脳波によるリアルタイム感情認識、脳神経科学、認知症発生メカニズムの解明、遺伝子解析、ゲノム編集、睡眠解析、音声認識・画像処理などをキーワードとして幅広い分野で研究を行っています。

    ◎満倉教授の開発した世界初の脳波によるリアルタイム感情認識ツール「感性アナライザ
    脳波は、人の脳細胞の活動により生じる電気信号であり、頭皮上に電極を装着することで計測されます。一般的に使用される脳波計は機器の大きさから実環境での計測が困難とされています。「感性アナライザ」では、コンパクトな単極型の脳波計測を用いることで実環境での脳波計測を可能としています。電極はアクティブ電極方式を採用しており、電極リード線の揺れに伴うアーチファクトの混入を抑止します。

     

    新規CTA
    新規CTA