それでもFIFAワールドカップは続く ビル文字も終わらない

    2014/06/26

    それでもFIFAワールドカップは続く

    ビル文字も終わらない

    サッカー日本代表は6月25日、2014 FIFA ワールドカップ ブラジルで予選第3試合となる対コロンビアを戦った。

    東京・汐留の電通本社ビルで実施中のビル文字企画では、試合前日の24日「勝つしかない」「明日5:00 KICKOFF」の2種類を掲示し、代表へのエールと試合の盛り上げを図った。

    ブラインド絵文字「勝つしかない」 ブラインド絵文字「明日5:00KICKOFF」
     

    試合は前半終了直前、岡崎慎司選手のダイビングヘッドで同点に追いついたが、後半コロンビアに3ゴールを決められ1対4で予選敗退となった。同日のビル文字は「今日の 悔しさ 忘れない」。日本代表の挑戦は終わったが、ビル文字はワールドカップの期間中継続して実施される。今後ますます白熱する大会と連動する文字を楽しみにしたい。

    試合の模様はテレビ朝日系列が生中継。平均視聴率は(関東エリア)は37.4%、瞬間最高視聴率は後半30分ごろの52.7%だった。

       
     
    写真=フォート・キシモト
     

     

     

    東京・千代田区の丸ビルで開催している「2014 FIFA World Cup Brazil Public Viewing in Marunouchi」の会場は、午前5時のキックオフにも関わらず熱心なサポーターら200人余りが駆け付け満員になった。岡崎選手の同点ゴールが決まると、早朝の丸の内に大きな歓声と拍手が響いた。同所でのパブリックビューイングは、今後も大会期間中実施される。

    関連記事:
    dentsu-ho.com/articles/1284/
    dentsu-ho.com/articles/1305/
    dentsu-ho.com/articles/1310/
    dentsu-ho.com/articles/1331/