loading...
MENU

斉藤徹氏著『超高齢社会の「困った」を減らす課題解決ビジネスの作り方』発売

    2019/11/19

    斉藤徹氏著『超高齢社会の「困った」を減らす課題解決ビジネスの作り方』発売

    電通ソリューション開発センターで電通シニアプロジェクト代表を務める斉藤徹氏の著書『超高齢社会の「困った」を減らす課題解決ビジネスの作り方』(翔泳社刊)が11月15日に発売された。

    A5版、216ページ、1700円+税 ISBN978-4-7981-6271-3

    日本は、これまでに経験したことのない「超高齢社会」に突入し、さまざまな問題が山積している。医療、介護、年金、コミュニティ、買い物難民、特殊詐欺、ゴミ屋敷、自動車事故、就労、貧困…。これら多岐にわたる問題には、ビジネス視点による持続可能な対策が必要だろう。たとえば、生活の質を上げる「排泄予知デバイス」や、高齢者を加害運転から救う「自動車運転評価AI」、QRコードで通知する「徘徊発見システム」など。

    本書では、電通で長年シニア向けビジネスの開発に携わる斉藤徹氏が、高齢社会の諸問題にビジネスとして取り組むユニークな先行事例を取材。その事業のどこが新しく、なぜ成長しているのか、他の業界や職種に応用するヒント等をわかりやすく紹介している。新規事業の種を探すビジネスマン、課題解決に挑戦したい学生や社会人、「健康・長寿」「まちづくり」「産業」などの分野でSDGs(持続可能な開発目標)導入を考えている人にすすめたい一冊である。

    【目次】
    序章:高齢社会の課題はビジネスになるか?
    第1章:社会課題を解決するビジネスの作り方
    第2章:「体」が変わる―「体の変化」に対応するビジネス
    第3章:「介護」が変わる―多様化する「介護周辺ビジネス」
    第4章:「生活」が変わる―「日常の困りごと」を助けるビジネス
    第5章:「地域」が変わる―「地域コミュニティ」を活性化するビジネス
    第6章:「余暇」が変わる―「学び」と「エンターテイメント」のビジネス
    第7章:「仕事」が変わる―長寿社会の「働き方」をサポートするビジネス

    【著者プロフィール】
    斉藤徹
    さいとう・とおる 西武百貨店、流通産業研究所、パルコを経て、電通入社。現在、電通ソリューション開発センター 電通シニアプロジェクト代表。長年、シニア・マーケットのビジネス開発に従事する。社会福祉士。主な著書に、『ショッピングモールの社会史』『超高齢社会マーケティング-8つのキーワードで攻略する新・注目市場の鉱脈』『団塊マーケティング』ほか。雑誌等にも多数寄稿。