loading...

    2021/02/18

    【参加者募集】「結局DXってどうすればいいの?~電通DXプランナーがメソッドを大公開~」3月8日開催

    真のイノベーションを起こすため、次の時代を創るリーダーに“共創の場”を提供する「WASEDA NEO」と、電通のニュースサイト「ウェブ電通報」が連携し、電通のクリエイターらを講師にお届けする社会人向けオンライン講座「ウェブ電通報×WASEDA NEO 連携講座シリーズ」。その第4回が3月8日(18時~19時30分)に開催される。

    今回のテーマは「結局DXってどうすればいいの?~電通DXプランナーがメソッドを大公開~」。
    講師は、電通のシニア・マーケティング・プランナー三澤茂太氏。参加費は3300円で、当日の午後1時まで受け付ける。

    「結局DXってどうすればいいの?~電通DXプランナーがメソッドを大公開~」3月8日開催

    【講演概要】
    DX活用方法の一例として、生活者との新しいつながり方を紹介。

    そもそもDXをなんのためにやらないといけないのでしょうか。
    ―これまでは対面営業していたが、テレビ会議で営業をするようになった―
    こういったケースもDXに含まれるのだと思いますが、既存業務の単純なデジタルへの置き換えは、 他社も同じことを導入したときには、むしろ同質化するだけになってしまいます。
    自社のビジネスを成長させるための、あくまでも「手段のひとつ」がDX。
    自社の思いや、顧客に提供したい体験という軸に、デジタルを掛け合わせることで(DX)、これまでとは違う、新しいつがなりをつくることができるのではないでしょうか。
    本講義では、実践事例を交えながら、なぜDXをやらなければならないのか、どこから始めてよいのか、自社が取り組むべき「自分なりのDX」とは、といったテーマを考えるきっかけをご提供したいと思います。
     

    日時:3月8日 18時~19時30分
    場所:オンライン(Zoom)
    申し込み先:
    https://wasedaneo.jp/course/course-detail/8154/

    【講師】
    三澤 茂太 /シニア・マーケティング・プランナー
    2006年電通入社、営業で8年流通クライアントを担当し、チラシ制作やCM制作に従事した後、プランニングセクションへ異動。 現在は、顧客情報を活用したCRMや、サービス開発や新規事業創造のプランニング業務に従事。

    ■ウェブ電通報の記事
    DXで成果が出る企業・出ない企業の違いって?
    プランナーが行く、気になるゲンバ

    新規CTA
    新規CTA