loading...

電通報ビジネスにもっとアイデアを。

民間月面探査プログラムHAKUTO-R ミッション1、遂に打ち上げ成功。順調に航行

2022/12/23

    日本の宇宙スタートアップ企業ispaceによる民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」ミッション1の月着陸船(ランダー)が、12月11日16時38分(日本時間、以下同)に打ち上げられた。民間初の月面着陸を目指し、順調に航行を始めている。来年4月末ごろに月面への着陸を目指しており、これが成功すれば、民間機として世界初の月面着陸となる見込み。

    image
    月着陸船は米・フロリダ州のケープカナベラル宇宙軍基地から打ち上げられた(提供:ispaceリリース)

    同社の袴田武史代表取締役 CEO&Founderは打ち上げ後、「間近でみて、非常に美しい打ち上げでした。民間で初めて商業的に月のミッションをするフライトであり、このような世界をリードする立場に立てていることを非常に嬉しく思いますし、成し遂げたispaceのチームを誇りに思います。」と喜びを語った。

    この月着陸計画はispaceによる民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」の「ミッション1」に位置づけられている。「ミッション1」では、着陸技術の検証とともに、信頼性の高い月面輸送サービスと月面データサービスの提供という事業モデルの検証および強化も目指している。打ち上げられたランダーには月面輸送サービスの検証のため、7つの顧客の荷物(ペイロード)が搭載されている。

    image
    14日には宇宙空間においてランダーに搭載したカメラでの撮影、データ取得に成功したことを発表。また、ペイロードのひとつであるCanadensys社のカメラが撮影した画像の取得にも成功した。

    15日には「ミッション1」のマイルストーンの第四段階である「Success4」、16日には第三段階である「Success3」が完了し、順調な航行を続けている。

    image
    ランダーがロケットから分離した後約19時間後、遠ざかる地球をispaceのカメラが捉えた画像。三日月のように見える物体は地球。
    image
    ランダーがロケットから分離した後約2分後に、地球と、分離されたロケットをCanadensys社のカメラが捉えた画像。

    「HAKUTO-R」では、2024年打ち上げ予定の「ミッション2」ではローバーによる月面探査を行い、「ミッション3」では月面着陸や輸送の精度を高めてNASAの「アルテミス計画」にも貢献する計画だ。

    ※年号は全て2022年12月時点の想定
     

    ■ ミッション1マイルストーン詳細
    image
    ispace公式サイト:https://ispace-inc.com/jpn/


    【関連過去記事】
    ispace、2022年の打ち上げに向けフライトモデルの組み立てを開始
    ispace 次のミッションは月探査 100億円の資金調達も発表
    月面探査プログラム「HAKUTO-R」パートナーを発表
    月面探査プログラム「HAKUTO-R」新たなパートナー3社を発表
    月を生活圏に。民間企業ispaceが主導する、“全産業参加型”の月面開発プロジェクト
    ispace、シリーズB投資ラウンド資金調達を実施新たな月面ビジネスコンセプトを発表(動画あり)
    民間月面探査の「HAKUTO-R」がミッションコントロールセンター開設とSMBCグループのパートナー参画を発表
    ispace、2022年末頃に打ち上げへ、「HAKUTO-R」のミッション1と2の進捗報告会を実施